1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. よく見る愛犬の「目ヤニ」、実は病気の表れのことも!

犬と暮らす

UP DATE

よく見る愛犬の「目ヤニ」、実は病気の表れのことも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の目に目ヤニが出ていると、「この目ヤニは大丈夫かな?」と心配になることはありませんか?そもそも目ヤニはなぜ出るのでしょうか?今回は気になる犬の目ヤニについてまとめました。危険な目ヤニの見分け方も解説するので、参考にしてみてくださいね!

目ヤニが出るのはなぜ?

かわいいシー・ズー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

目ヤニは目の皮脂腺から出た分泌物や、目の表面についたホコリなどが固まってできたもの。人間もそうですが自然に出るものなので、少量であれば問題ありません。しかし目ヤニの量や色・状態によっては、炎症や目の傷、角膜炎などの病気のおそれがあるものも。問題ない目ヤニとの見極めが大切です。

問題ない目ヤニとは

お散歩中のかわいい犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

まずは、心配しなくてもいい目ヤニをご紹介します。不安に思う必要はありませんが、見つけた場合は濡らしたコットンなどでやさしく拭き取ってあげましょう。

黒っぽく乾燥した目ヤニ

目の表面についたホコリやゴミなどが固まってできたもの。ホコリっぽい部屋にいる場合や、砂の多い散歩コースを歩いたときなどに、このような黒く乾燥した目ヤニが出ることがあります。

茶色で水っぽい目ヤニ

目の細胞から分泌されたものや、老廃物が固まってできたもの。犬が起きて目を開けたときに、目頭に固まって出ていることが多いです。これは長時間目を閉じていると溜まってくるだけなので、心配いりません。

白くトロッとした目ヤニ

目の皮脂腺の分泌物や粘膜が固まってできたもの。こちらも目頭に固まって出てくることが多いです。2~3日に1回出る程度であれば問題ないですが、放置せずに拭き取ってあげましょう。

こんな目ヤニは危険!病院で診てもらおう

かわいいミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

次にご紹介するのは危険な目ヤニです。こちらの目ヤニが出続ける場合は病気のおそれがあるため、動物病院で診てもらうことをおすすめします。

白くて水っぽい目ヤニ

結膜炎や角膜炎の可能性がありますが、まだ初期症状。この段階で治療を始めると治りも早くなるでしょう。放置すると、目の周りが常に湿った状態になってしまいます。

黄色で水っぽい目ヤニ

結膜炎、ドライアイのおそれがあります。特に結膜炎であれば、症状が進行してしまっている場合も。これ以上悪化する前に獣医師の先生に相談しましょう。

黄色でドロッとした目ヤニ

膿のような黄色い目ヤニが出る場合は要注意。結膜炎、重大なドライアイの可能性があり、症状が悪化すると角膜炎や角膜潰瘍(かくまくかいよう)になることもあります。

単なる目ヤニと思いがちですが、場合によっては放置すると重大な病気につながるおそれもあるとわかりました。スキンシップやお手入れのついでに目のチェックも行い、危険な目ヤニが出ていないか見てあげてくださいね!

いぬのきもち WEB MAGAZINE|犬の目ヤニ~目ヤニでわかる病気やチェックポイント~

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『犬の目ヤニ~目ヤニでわかる病気やチェックポイント~』
文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る