1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ジメジメ、ムシムシ…この季節に注意したい犬の皮膚トラブルを防ぐお手入れは

犬と暮らす

UP DATE

ジメジメ、ムシムシ…この季節に注意したい犬の皮膚トラブルを防ぐお手入れは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高温多湿な梅雨どきは、犬にとって体調を崩しやすい季節です。今回は、そんな梅雨どきに注意したい、犬の皮膚疾患の症状や対策について解説します。しっかりと対策をして、ジメジメとツライ梅雨を上手に乗り越えましょう!

皮膚疾患の主な症状とは

まるちゃん  柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

梅雨の時期は湿度が上がり、犬の被毛や皮膚についた細菌や、ノミ・ダニが繁殖しやすくなります。以下のような症状が出た場合は、皮膚疾患が疑われるため、動物病院を受診しましょう。

もしかして皮膚疾患かも?

  • 皮膚が赤くなる
  • 皮膚がただれる
  • 脱毛する
  • 耳から嫌なニオイがする
 など

皮膚疾患を予防するには

あもんちゃん  バーニーズ・マウンテン・ドッグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

室温と湿度の管理を徹底する

被毛が蒸れるのを防ぐため、室温は26°C前後、湿度は50~60%を超えないようエアコンや除湿機を活用して調節しましょう。さらに、空気清浄機を利用したり、まめに掃除をしたりして部屋を清潔に保つことも、皮膚疾患の予防につながります。

被毛をしっかり乾かす

梅雨時のシャンプーは、地肌の汚れを落とすことと同時に、被毛をしっかり乾かすことが重要です。シャンプーに自信がない飼い主さんは、この時期だけプロの手を借りる方法もあります。また、雨の日の散歩で濡れた足もしっかり乾かしてくださいね。

紫外線を浴びすぎない

5~8月は紫外線が強くなる季節ですが、人と同じように、犬も紫外線の浴び過ぎは体に悪影響を与えます。そのため、日中の散歩を避ける、外に出たらなるべく日陰を歩くなどの配慮が必要です。
また、室内の場合でも、窓辺に長時間いると紫外線を浴びすぎる恐れがあるので、犬が日中過ごす場所にも注意してください。

こまめにブラッシングをする

被毛や皮膚についた汚れを落とし、犬の体を清潔に保つブラッシングには、被毛の通気性を良くする効果もあります。さらに、ブラッシングが好きな犬にとっては、ストレス解消や飼い主さんとのコミュニケーションになることも。
愛犬がブラッシング嫌いの場合は、部位ごとに時間を分けてブラッシングを行いましょう。

梅雨の時期は、特に皮膚疾患に注意しよう

こたろうくん  トイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

皮膚疾患にかかると、犬は痒みや痛みを感じるため、ストレスにもつながります。そのため、梅雨の時期に合わせた対策をしっかりと行うことが大切です。

そのほか、雨が続いて散歩ができずストレスになったり、傷んだ食品を食べて食中毒を起こしたりするなど、雨が多くジメジメとした梅雨は、さまざまな不調を起こしやすくなります。
愛犬の健康管理には、十分注意してあげてくださいね!

参考/「いぬのきもち」2018年6月号『ジメジメした季節に起こりやすい体調変化に気をつけて 梅雨の不調から愛犬を守ろう!』(監修:東京動物医療センター副院長 南直秀先生)
文/しばたまみ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る