1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 多頭飼い
  5. 【多頭飼い】2頭目を迎え入れる際に考えるべきこと

犬と暮らす

UP DATE

【多頭飼い】2頭目を迎え入れる際に考えるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新しく2頭目を家族に迎え入れるとき、どんなことを考えておけばいいの?」この記事では、いぬのきもち相談室に寄せられる、多頭飼いに関する疑問やお悩みに対して、相談室の獣医師が解説します。

①先住犬となじませるにはどうしたらいいの?

そんなにくっついて仲良しだね♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

家に迎え入れた直後は、なんでも先住犬を優先するように考えて、先住犬のお気に入りの寝床や遊び場に新しい子をすぐに入れないように心がけてください。

間違った対応によっては、自分の縄張りに犬が侵入してきたと捉えてしまうことで、新しく迎え入れた犬を敵とみなしてしまう可能性があります。

新しい子が来たことで、先住犬にとって自分の居場所がなくなり、別の場所や部屋に逃げてしまうことも避けなければなりません。

②ストレスからくる犬の体調不良はどうすればいい?

先住犬の体調不良

ある日突然、新しい犬が自分のテリトリーに入ってきて、飼い主さんの愛情や注目もとられてしまうことで、先住犬が強いストレスを感じてしまうことがあります。

先住犬が体調不良を起こさないように、1頭だけの自由な時間を確保してあげることも大切です。新しい子が近くにいると安心してご飯を食べられなくなる犬もいます。食欲がなければ、1頭だけの空間でご飯をあげてみてください。

新しく迎えた犬の体調不良

まずは、迎え入れる前の犬の健診や状態チェック、ワクチンを済ませることを徹底してください。新しい環境は犬も疲れるので、最初は1頭だけの時間を多くして、環境に慣れてきたら少しずつ、はじめは1時間位から先住犬と接する時間を増やすとよいでしょう。

③同居犬とのお散歩のペースが合わないときどうすればいい?

仲良くお散歩♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

それぞれ犬の年齢が離れている場合は、基本的には年上の犬に合わせてあげましょう。シニア犬になると、免疫力も低下し、新しい環境に対応するのも苦手です。

一緒に散歩するときは、年下の子のスピードについていけなくなることを想定し、スリングやカートなどをあらかじめ用意して散歩に行くか、お散歩の時間を別々にするなど工夫が必要です。

2頭だからこそ健康診断を忘れずに!

新入りさん、そんなにくっついてお昼寝しなくても、、、。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

多頭飼いは1頭暮らしよりも目をかけてあげられる時間が少なくなるので、病気の早期発見のためにも体調管理は1頭のときよりも大切です。体に異常がないか定期的な健康診断を行って、愛犬のケアをしっかり行いましょう!

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る