1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 留守中の停電にも注意! 飼い主さんができる「室内の熱中症対策」

犬と暮らす

UP DATE

留守中の停電にも注意! 飼い主さんができる「室内の熱中症対策」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症は暑さで体温が上昇し、さまざまな症状を引き起こす病気――。重度の熱中症になってしまうと、犬が命を落とすまでの時間が非常に短いのも、特徴のひとつです。そのため、飼い主さんは室内外問わず、愛犬の熱中症対策をとる必要があるでしょう。
今回は、飼い主さんができる、室内での熱中症対策をご紹介します!

エアコンは24時間、夜間もつける

プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

夏の暑さが年々過酷になってきている現代。エアコンは、犬の命を守るために欠かせないものといえます。夏場は夜間でも油断せず、24時間エアコンをつけておきましょう。

ただし、留守中にエアコンをつけていても、ゲリラ豪雨などで停電してしまう危険性も考えられます。そのようなときに備え、留守中の犬の様子を確認できる「見守りカメラ」を設置しておくなど、何かしらの対策をとっておくと安心です。

なお、エアコンの冷気は上から下へとおりてくるため、部屋全体が冷えるまでには時間がかかる場合も。サーキュレーターなどを使って部屋の空気を循環させ、効率よく冷やすのもよい方法でしょう。

犬の体の高さで、気温と湿度を管理する

ポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

同じ室内でも、人がいる部屋の上部と犬がいる床の近くとでは、室温や湿度が異なることがあります。

室温と湿度は、犬の体高に合わせた位置でチェックするようにしましょう。なお、室温は26度前後、湿度は50%前後を目安に設定するのがポイントです。

ちなみに、部屋の湿度が高いと、犬の熱中症リスクが高まります。エアコンの除湿(ドライ)機能を使ったり、除湿器を置いたりして、部屋の湿度を下げる工夫をしましょう。

こんな熱中症対策もおすすめ!

ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬がいる部屋は日中でもカーテンを閉める

夏の日差しは、人が感じている以上に、犬にとっては厳しいもの。室内に差し込めば、室温を急上昇させる原因となるので、犬がいる部屋だけでも、日中はカーテンを閉めておくようにしましょう。

ハウスやベッドは窓辺から遠ざける

窓辺の近くは、温度が高くなりやすい場所です。犬が涼しい場所でくつろげるように、ハウスやベッドは窓から遠ざけた場所に置いてください。

ベッドを夏用のものに替える

モコモコしている犬用ベッドは、寝心地がよい一方で、夏には暑すぎる素材のものも。犬が涼しく休めるように、夏用の冷感タイプのベッドに替えてみるのもひとつの手です。

クール枕や氷柱を置いておく

保冷剤をタオルで巻いて置いておくと、犬は好きなときに上にのって涼むことができます。また、ペットボトルに水を入れて凍らせた氷柱などをトレーに置けば、ひんやり効果はもちろん、トレーにたまった水を犬がなめることもできるので、水分補給にひと役買うでしょう。

噛みグセのない犬に限りますが、万が一の停電などに備えて、留守中や夜間などに置いておくと安心です。

愛犬の命を守るために、しっかりとした熱中症対策を!

フレンチ・ブルドッグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

熱中症は、あっという間に犬の命を奪いかねない恐ろしい病気です。そんな熱中症から愛犬の命を守るために、室内でも油断せず、しっかりと対策をとっていきましょう。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

参考/「いぬのきもち」2019年7月号『愛犬の年代・体質・生活環境などで熱中症危険度を簡単チェック!熱中症危険レベルを判定します!』(監修:気象予報士 獣医師 鈴木勝博先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る