1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 夏は犬も脂肪の分泌が増えるって本当? 犬の「地肌洗い」が必要な理由

犬と暮らす

UP DATE

夏は犬も脂肪の分泌が増えるって本当? 犬の「地肌洗い」が必要な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を自己流のおうちシャンプーで、地肌までキレイに洗えていますか?「ベタつく」「におう」「ほこりっぽい」と感じたら、それは汚れが残っている証拠かも。そのまま放っておくと、皮膚に雑菌が繁殖する恐れもあります。シャンプー前のケアや使う道具次第で汚れは落としやすくなるので、皆さんも試してくださいね。

地肌までしっかり洗うことが大事な理由

シャワーが苦手な柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

暑くて湿気の多い時期は、人と同じように犬も脂肪が多く分泌されます。ベタついたところには雑菌が繁殖しやすいため、皮膚トラブルやニオイの原因になることもあるのです。
だからこそシャンプーするときは地肌を洗うことを意識して、余分な皮脂や汚れをしっかりと取り除きましょう。

皮脂が残っているとどんなトラブルが起きるの?

暑い日に風邪を浴びるMIX犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

表面に皮膚の老廃物や皮脂が残ったままになっていると、皮膚の再生がスムーズに行われません。また皮膚に付着した雑菌が繁殖しやすくなり、これらの皮膚病を起こす心配があります。

マラセチア皮膚炎

皮脂を食べる酵母菌が皮膚の表面で異常に増えることにより、赤身やかゆみなどの症状を引き起こす病気です。炎症を引き起こすだけでなく、アトピー性皮膚炎や脂漏性外耳炎を悪化させる原因にもなります。

膿皮症

普段から皮膚に付着している菌が異常に増え、皮膚が化膿する病気です。部分的に赤くなってかゆみを感じ、悪化すると患部が腫れたり膿がでたりすることもあります。

こんなサインを感じたら、地肌が汚れているかもしれません

砂浜をダッシュするトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「ベタつく」「におう」「ほこりっぽい」は地肌洗いのサインです。
耳の裏にベトベトした感触がする、シャンプーしたばかりなのに臭うような場合は、地肌が汚れている可能性があります。洗い過ぎはよくありませんが、犬の年齢や肌タイプ、体質に適した頻度で地肌までしっかり洗ってあげましょう。

汚れを落としやすくする工夫をして、しっかり地肌まで洗いましょう

シャワーに興味津々のミニチュア・ピンシャー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

肌についた雑菌や汚れは目に見えにくいですが、事前の手入れやグッズを揃えることで、地肌の汚れは落ちやすくなります。しっかり洗える環境を整えて、愛犬のシャンプーにとりかかりましょう。

全身をブラッシングする

抜け毛や毛玉、もつれがあると、地肌洗いの妨げになります。シャンプーをする前日から数回に分けてブラッシングを行い、しっかりと取り除いておきたいです。特に抜け毛が多い犬は、ムダ毛取り専用のコームを使ってブラッシングした方が効果が期待できます。

地肌洗いシャンプーのお役立ちグッズを購入する

しっかりと地肌を洗うためにはリンスインシャンプーではなく、リンスとシャンプーは別々に用意したいです。シャンプーを泡立たせたり、リンスを薄めたりするのに使える泡立てネットとボウルも用意しておくと便利でしょう。
抜け毛が多い犬や大型犬ならゴムブラシを使って洗うと、毛の流れを整えながらラクに泡を馴染ませることができます。

犬も人と同じで、夏は冬以上に肌の表面が汚れやすくなります。いつも以上に清潔を保つことを心掛けたいこの時期は、しっかりとブラッシングして地肌までキレイに洗ってあげましょう。肌から感じるストレスを減らして、快適な夏をお過ごしください。

参考/「いぬのきもち」2017年7月号『ニオイ・ベタつき・皮膚病を予防する 夏のシャンプーは地肌洗いがカギ!』(監修:一級建築士 トリミングサロン HONDEHOK運営 二村陽子先生、株式会社VDT所属 獣医師 獣医学博士 伊従慶太先生)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る