1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ストレス
  5. 叱るのはもちろん、甘やかしも。飼い主さんが犬に与えがちなストレス

犬と暮らす

UP DATE

叱るのはもちろん、甘やかしも。飼い主さんが犬に与えがちなストレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

できるだけ愛犬にストレスを与えたくない――。ほとんどの飼い主さんがそう願うはず。しかし、飼い主さんが「愛犬のために」と思ってしている行動が、ストレスの原因になってしまうケースもあるのです。
今回は、飼い主さんが無意識に与えてしまいがちな、犬のストレスの原因をご紹介します。

厳しく叱ってしつける

バーニーズ・マウンテン・ドッグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんの中には、「犬が粗相をしたときに厳しく叱れば、次からは叱られるのが嫌で粗相をしなくなる」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、この方法は犬には伝わりにくく、ましてや言葉で論理的に説明しようとしても、まさに『犬に論語』。「飼い主さんが怒っている雰囲気」しか伝わらず、ストレスの原因になってしまいます。

犬をしつけるときは叱るのではなく、うまくできたらおやつやフードを与えてしっかりとほめ、「よい行動」を教えてあげるようにしましょう。

基本的なしつけをせずに甘やかす

狆
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

しつけをせずに好き勝手やらせたり、苦手なことを克服する機会を与えずに甘やかしたりしていると、犬はわからないことが多いまま成長してしまいます。

すると、犬は適切な行動がとれなくなり、日常的に不安や恐怖を感じやすい状態に……。

可愛いからとつい甘やかしてしまう気持ちもわかりますが、結果として大切な愛犬に不安や恐怖を与え、ストレスを感じやすい犬にしてしまうのです。

1日中愛犬にかまおうとする

ミニチュア・ピンシャー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬とふれあう時間はとても大切ですが、四六時中家族の誰かしらがかまっている状態は、犬にとってかなりのストレスになることがあります。

このようなストレスを与えないためにも、犬が単独でリラックスできる場所や時間を作ってあげることが大切です。

また、複数の来客があるときは、犬の様子を見ながらふれあってもらい、犬が警戒しているときは無理に距離を縮めないよう、あらかじめお願いしておきましょう。

無理に散歩させる

ポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が散歩の途中で歩かなくなったときに、リードを強く引っ張って無理に歩かせようとする行為は、「無理強い」に当てはまります。

これは、犬にとって肉体的にも精神的にもストレスになるので、今すぐやめてあげましょう。

犬が散歩の途中で歩かなくなったときは、自ら歩きたくなるようにおやつで誘導してみてください。もし疲れているような場合は少し休憩したり、抱っこで移動したりするのもよい方法です。

飼い主さんが不安定になる

チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬はいつも一緒にいてくれる飼い主さんの行動をよく見ています。そのため、飼い主さん自身が不安を感じていたり、家族同士でケンカをしていたりすると、それを察知して不安を感じ、ストレス状態に陥ることがあります。

飼い主さんのストレスは、愛犬のストレスでもあります。愛犬の前では、できるだけ不安な感情をあらわにしたり、ケンカをしたりしないように心がけましょう。

ここでは、犬のストレスの原因を5つご紹介してきました。愛犬ができるだけストレスを感じずに暮らしていけるよう、当てはまる行動があった場合は、接し方を工夫してみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2017年9月号『乗り越えればHAPPYになるストレスもある!犬にいいストレス 悪いストレス』(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る