1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 歯ブラシを見ただけで逃げる愛犬、歯磨きはまず「指磨き」から

犬と暮らす

UP DATE

歯ブラシを見ただけで逃げる愛犬、歯磨きはまず「指磨き」から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が歯ブラシを見ただけで逃げてしまう……。そんなお悩みをもつ飼い主さんも多いようです。
歯磨きは犬の健康維持に欠かせない重要なお手入れなので、できれば歯ブラシ嫌いは克服させたいところ。そこで今回は、犬が歯ブラシ嫌いになってしまう原因と、歯ブラシ嫌いを克服する方法をご紹介します。

愛犬が歯ブラシを見ただけで逃げるのはなぜ?

ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬が歯ブラシを見ただけで逃げてしまうのは、飼い主さんの「歯を磨く力が強すぎる」のが原因かもしれません。

歯磨きに対する苦手意識がある飼い主さんだと、きちんと磨こうとするあまり力が入り過ぎてしまい、犬が痛みを感じて嫌がるケースが多いそうです。この場合、犬は歯ブラシに対して“嫌な印象”をもっているので、無理に磨こうとするとますます嫌がることが。

歯ブラシを嫌がる犬には、まずは優しい力加減の「指磨き」を行うのがおすすめ。指磨きができたらほめて、少しずつ口の中のケアに慣れさせましょう。

「指磨き」のやり方

ペーストのニオイをかがせる

クンクンする柴

まずは、犬用歯磨きペースト、または犬用歯磨きジェルを飼い主さんの指先に少量のせます。そして、愛犬にそのニオイをかがせて、興味をもたせましょう。

横側からそっと指を入れ、優しく磨いてみる

口の横から指を入れる

口の横側から滑りこませるように指を入れ、優しくさすって歯を磨いてください。力を入れすぎてゴシゴシこすると、犬が嫌がるので注意しましょう。

慣れてきたら、ほかの歯も磨く

指磨きされる柴

ときどきペーストを足しながら、ほかの歯も磨いていきましょう。奥歯がどこまであるのか、指先で確認しながら磨くと、磨き残しの心配がありません。

ほかのデンタルケアグッズを併用するのも◎

プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

このような方法で指磨きを行い、愛犬が指磨きを嫌がらなくなったら、力加減に注意して再度歯ブラシで磨いてみましょう。焦らず少しずつ、歯ブラシ嫌いを克服していくことが大切です。

なお、犬のデンタルケアグッズには歯ブラシのほかにも、犬用歯磨きシートや犬用ガム、犬用マウスクリーナ―などさまざまなアイテムがあります。また、水飲みボウルで水を飲ませるようにすると、口の中全体に水が行き渡るため、汚れがたまりにくくなるのだとか。

これらをうまく併用すれば、愛犬の歯とお口の健康維持に役立つはず! ぜひ参考にてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2019年3月号『子犬に必要なしつけとお手入れを紹介!さいしょの一歩』(監修:ナカムラ・ドッグ・スクール いぬのようちえん主宰 中村太先生)
文/ハセベサチコ
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る