1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 他人の犬におやつを与えることで起こる「危険な事態」とは

犬と暮らす

UP DATE

他人の犬におやつを与えることで起こる「危険な事態」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬と一緒に外出するときなどに、「犬用のおやつを持ち歩いている」という方も少なくないでしょう。でも、ほかのワンちゃんに会ったときに、そのおやつ……勝手にあげたりしていませんよね?

いぬのきもち獣医師相談室の先生によると、「他人の犬におやつを与える」ことで相手のワンちゃんを危険な目に遭わせてしまう可能性もあるのだとか…! 今回、くわしく解説してもらいました。

「他人の犬におやつを与える」ことで考えられる危険性

おやつを待つポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

危険な場合というと、やはりその犬がアレルギーや何らかの病気のために食事制限をしている場合です。飼い主さんの許可なく勝手におやつを与えると、病気の悪化を招いたり、合併症を起こしたり、命にかかわってくることがあるかもしれません。

犬の「食物アレルギー」の原因は?

おやつを待つ柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の食物アレルギーの主な原因は「タンパク質」です。一般的に、肉類、魚肉、鶏卵、牛乳を想像すると思いますが、普段与えているフードの中に含まれる大豆や小麦、米、トウモロコシ、ジャガイモデンプンなどの植物にもタンパク質は含まれており、それによる食物アレルギーも起こります。

そのほかにおやつ、ガムなどが原因になっている場合や、フードの添加物が原因となる場合があります。

どんなアレルギー症状が出るの?

食物アレルギーの症状としては、顔(眼・口の周り)、肛門周囲、わきの下、背中、手足の先の痒みや皮膚炎、外耳炎、慢性的で繰り返す下痢や嘔吐です。

犬によっては皮膚症状がなく、慢性的な下痢・軟便や嘔吐だけのときもあります。

ほかの犬の飼い主さんと、トラブルに発展する場合も…

おやつを待つション・フリーゼ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

また、おやつを勝手に与える行為は、ほかの犬の飼い主さんとのトラブルにもなりかねません。上述のとおり、アレルギーや病気がある場合もありますが、下記のような理由で日頃からおやつを制限している飼い主さんもいるからです。

□ ダイエットをしている
□ トレーニング中である
□ 決めたものしか与えたくない


そのため、飼い主さんの許可なく勝手におやつを与えることはやめたほうがいいでしょう。

他人の犬におやつを与える際に覚えておきたいこと

おやつを待つビーグル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

他人の犬におやつを与えることで起こりうるトラブルはさまざまですが、大切なのはおやつをあげたかったら、まず「飼い主さんの了解を得る」ということ。喜んでくれる飼い主さんももちろんいますが、なかには理由があって断りたい飼い主さんもいるからです。

おやつをあげる人は、好意からあげている場合がほとんどでしょう。相手の飼い主さんは「はっきりとは断りづらい」と思っていることもあるので、理由をきちんと聞いて、無理強いはしないようにしましょう。

熱意のままに押し切ったり、善意や持論を押しつけるとトラブルの元になってしまいます。


おやつを待つミニチュア・シュナウザー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

みなさんも、ほかのワンちゃんにおやつを与えるような場面があったら、しっかりそのワンちゃんの飼い主さんの了解を得てから与えるようにしてくださいね。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る