1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 散歩
  5. 寒い冬に犬の散歩の質を高める方法とは

犬と暮らす

UP DATE

寒い冬に犬の散歩の質を高める方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い季節になると「お散歩に行くよ〜!おいで〜!」と声をかけてもベッドやストーブ、こたつの側から離れなかったり、外に出たがらない寒がりの犬もいます。こんなときは、犬の脳に刺激を与えて散歩の質を高めましょう。いぬのきもち相談室の獣医師が解説します。

寒い冬でも犬には散歩が必要

寒い冬は散歩の質を上げて犬の充実感を高めよう
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

真冬の犬のお散歩は、体の小さな超小型犬など寒さに弱い犬種であったり、大雪で外出が厳しい日などで愛犬に危険が伴うと考えられる場合、短時間で済ます日もあるかもしれません。

ただし、冬の間に十分なお散歩ができないと犬の筋力は低下していき、エネルギーを発散することができないので、できるだけいつも通りのお散歩をさせてあげてください。

日中の暖かい時間にお散歩に出かけたり、必要があれば防寒のために犬に洋服を着用させてもよいでしょう。

冬のお散歩を短時間で済ませたいというのは人間の都合です。犬にとってお散歩は心身の健康を保つためにも大切な時間ですので、犬との暮らしを決めた以上は、大変でもお散歩はしてあげてください。

冬は散歩の質を上げて犬の充実感を高める

寒い冬は散歩の質を上げて犬の充実感を高めよう 寒がり犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

お住いの地域にもよりますが、寒い季節に長い距離を歩くことができない場合は、犬に新しい刺激を与えることで、お散歩の充実度を高めることができます。

例えば、お散歩時間やコースの変更です。お散歩の時間を変えるだけで、出会う人や犬達の顔ぶれが変わってくるので新鮮さもあるでしょう。土手があれば上り下りをして土の感触を楽しみながら筋力トレーニングができますし、砂利道を歩かせると足裏のツボの刺激になるともいわれています。

注意することとしては、新しいコースや不慣れな道だと思わぬケガをすることがあるので気を付けましょう。砂利道ではうまく歩けず足をくじいてしまうコもいるので、愛犬の様子をみながら試してみてください。雪道では側溝や網などでのケガに注意が必要です。

中には寒がりの犬もいますが、「犬は喜び庭駆け回り〜」という有名な歌詞があるように、寒さに強い犬や雪遊びが好きな犬もいます。

寒さに弱い犬種や体力のない犬、シニア犬、闘病中の犬は寒い季節に無理に歩かせる必要はありませんが、人間の都合で寒いからお散歩に行かないということがないようにしましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

室内と外の寒暖差は犬にとっても負担! 愛犬のための冬の寒さ対策

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る