1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 1人1人が守りたい!「動物病院で気を付けたいマナー」について獣医師に聞いた

犬と暮らす

UP DATE

1人1人が守りたい!「動物病院で気を付けたいマナー」について獣医師に聞いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の飼い主さんにとって身近な動物病院。
ですが、治療以外の場面で「動物病院の待合室で急に他の犬が近づいてきた」など、様々な経験をしている飼い主さんも多いでしょう。今回は飼い主1人1人が守りたい動物病院のマナーついて、いぬのきもち獣医師相談室の先生に話を聞きました。
4つのポイントについてご紹介します。

①動物を院内で自由に移動させない

1人1人が守りたい!動物病院でのマナーを獣医師に聞いてみた いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――動物病院でノーリードにする、伸縮リードを伸ばすなど、犬を自由にさせている飼い主さんもいるようです。

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「院内で動物が自由に移動できる状況は、突然の飛び出しや誤食、他の動物にも迷惑がかかり危険です。

リードをつけて犬があっちにこっちにと行かないように短く持つ、もしくはキャリーバックに入れて待ちましょう。

中には“うちの子は大丈夫だから“という方がおられますが、突発的なケンカが起きたり、急に病院を飛び出して交通事故で死んでしまったコもいます。」

②愛犬を他の犬に勝手に近づけない

1人1人が守りたい!動物病院でのマナーを獣医師に聞いてみた いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――自分の犬を他の犬に勝手に近づけるのは、思わぬケガにもつながりそうですよね。

獣医師:
「犬にも相性がありますし、知らない犬が突然来たら怖いと感じる犬もいます。

お互いにケガをすることもあれば、発作持ちの犬の場合、発作が起きる可能性もあります。お互いが安心して過ごすための気遣いも必要ですね。

他の犬と仲良くなりたいときは、まずは飼い主さん同士で“会わせても大丈夫ですか?“と確認してから接しましょう。」

③他の犬に勝手に触らない

1人1人が守りたい!動物病院でのマナーを獣医師に聞いてみた いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――可愛いという気持ちから、他の犬に触る、触られる場合があるかもしれません。

獣医師:
「知らない人を怖がるコもいます。初めて会う犬に噛まれる事故では、触られたくないという犬の気持ちが背景にあることが多いです。

具合が悪いコは余計に調子を崩すかもしれません。犬の中でも性格はさまざまなので、必ず飼い主さんに確認してから触るようにしましょう。

特に、お子さんは突発的な動きをするので、犬がびっくりして口や歯を当ててしまうこともあります。ご家族で来院する際は、お子さんにもマナーを教えてあげましょう。」

④撮影への配慮や排泄物の処理もお忘れなく!

獣医師:「診察中に写真や動画を撮影される方がいますが、プライバシーの問題や医療機器への影響などもあるため、スタッフに声をかけてからにしましょう。」
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――その他、飼い主さんに知っておいて欲しい動物病院内でのマナーはありますか?

獣医師:
「院内で写真を撮るときは、他の人や犬にも配慮しましょう。

また、もしウンチやオシッコをしたら、院内に掃除品がある場合は飼い主さんが掃除を行い、なければスタッフに声をかけてください。

排泄物が不衛生という理由だけでなく、他の動物に病気がうつる可能性もあります。

いつもと違う環境の中で、犬が急に排泄したくなるのは自然のことなので、スタッフに声をかけてもらえるとありがたいです。」

“人と犬に対する思いやり”、動物病院のマナーについてお伝えしました。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る