1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 難聴[なんちょう]

UP DATE

難聴[なんちょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

難聴の症状と治療、予防方法

解説

飼い主さんが声をかけたり、大きな音がしても反応しなくなります。シニア犬がなりやすいほか、耳の奥深くにある内耳の神経(蝸牛神経)が炎症を起こすと、難聴になります。

難聴の治療

加齢に伴う難聴には、効果的な治療方法は見つかっていません。中耳炎や外耳炎が原因の場合は、その治療を行います。

難聴の予防

加齢に伴う難聴には、効果的な予防法は見つかっていません。外耳炎や中耳炎にならないよう、定期的に犬の耳の中を観察し、汚れている場合はお手入れを。ただし、やりすぎややり方によっては耳を傷つけてかえって炎症の原因になることもあるので、注意しましょう。

CATEGORY   耳

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「耳」の新着記事