1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 逆さまつげ[さかさまつげ]

UP DATE

逆さまつげ[さかさまつげ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆さまつげの症状と治療、予防方法

解説

本来外側に向かって生えるまつげが、内側に向かって生える病気。まつげが角膜を刺激するので犬が違和感を覚えて、前足で目をこするしぐさをしやすいです。涙や目ヤニが多く出ることもあります。トイ・プードル、ブルドッグ、シー・ズーなどの犬種に多いです。

原因

先天的にまつ毛の位置や向きが正常より内側に生えている場合と、まぶたが内側に反転してまつ毛が内側に入ってしっている場合があります。

症状

上まぶたにも下まぶたにも起こります。まつ毛の刺激によって、涙や目ヤニが増えます。痛みや痒みがあると前足で目をこする様子が見られることがあります。

診断

まつ毛の生え方やまぶたの状態を確認します。

なりやすい犬種

トイ・プードル、ブルドッグ、シー・ズー

逆さまつげの治療

まず、まつげの生えている方向や本数を検査します。まつげを定期的に抜くだけで症状が改善することもありますが、まつげが二重に生えたり、内側を向いている場合は手術で毛根を切除することも。眼瞼内反症を併発している場合は内反症の手術も行います。

逆さまつげの予防

予防は難しいですが、お手入れで目のまわりを清潔にし、日々愛犬の目の状態を注意して見ましょう。

CATEGORY   目

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「目」の新着記事

新着記事をもっと見る