1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. ホルモンの内分泌系
  4. 甲状腺機能亢進症[こうじょうせんきのうこうしんしょう]

ホルモンの内分泌系

UP DATE

甲状腺機能亢進症[こうじょうせんきのうこうしんしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甲状腺機能亢進症の症状と治療、予防方法

解説

食欲と飲水量が増え、尿の量も多くなります。落ち着きがなくなったり、攻撃的になるなど、性格が変わったり、左右対称に毛が抜けることも。ただし、犬にはそれほど多くない病気です。

甲状腺機能亢進症の治療

甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑える薬を投与します。

甲状腺機能亢進症の予防

予防は難しいですが、栄養バランスのよいフードと適度な運動で、ホルモンバランスが崩れないようにしましょう。

CATEGORY   ホルモンの内分泌系

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「ホルモンの内分泌系」の新着記事