1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. ホルモンの内分泌系
  4. 尿崩症[にょうほうしょう]

ホルモンの内分泌系

UP DATE

尿崩症[にょうほうしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尿崩症の症状と治療、予防方法

解説

尿が出すぎるのを抑える抗利尿ホルモンが正常に分泌されなくなる病気です。のどが渇いて一日じゅう水を飲み続け、尿の量が増えます。多飲多尿以外の症状はあまり見られません。

尿崩症の治療

抗利尿ホルモンの分泌を正常にする薬を投与します。また、腎臓が抗利尿ホルモンに反応できない、薬の副作用が原因というケースもあるので、その場合は原因となっている症状を治療したり、薬の使用をやめるなどの対応をします。

尿崩症の予防

予防は難しいですが、症状に気付いたら早めに病院へ。発症している犬が水を飲めないと脱水を起こして危険なので、水をいつでも飲めるようにしておきましょう。

CATEGORY   ホルモンの内分泌系

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「ホルモンの内分泌系」の新着記事