1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 犬のしつけ教室、どのくらい通えばいい?|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.83

犬が好き

UP DATE

犬のしつけ教室、どのくらい通えばいい?|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.83

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
今回は、犬のしつけ教室に関するお話。昔は訓練所に預けるケースが多かったですが、現在は飼い主さんが愛犬を連れてしつけ方を習うのが一般的になりつつあります。どれくらい通えばできるようになるのでしょうか? 長年しつけ教室を運営する西川先生が、実感を込めて語ります(編集部)。


這えば立て、立てば歩めの親心。
本来の意味は、どんな親でも子どもの成長を楽しみに待ちかねているということのよう。
ゆっくりであろうが子どもの自然の成長に任せるのであれば全く問題ないのですが、つかまり立ちをするかしないかの段階で両手を持って歩かせようと、ついついやっちゃう。
先へ先へと急いで進めたがる。
私には、なんとなくそんな意味にもとれてしまう。
そう思うには訳があります。
それは多くの飼い主に、そうした傾向が見られるからです。
気持ちはわからなくないのですが……。

何かをしっかり身につけるのには時間がかかる

何かを学ばせる段階の子どもたちのことを考えてみましょう。
例えば、足し算。
一桁同士の繰り上がりのない足し算を教え、ドリルをたくさんやらせる。次に繰り上がりのある足し算を教え、これまたドリルをたくさんやらせる。さらには、一桁と二桁の足し算といった具合に、6カ月の期間を設けて教えていく。
足し算を学んでいる段階では、算数が嫌いな子の比率は少ない。
なぜなら、たくさんマルがもらえるから。
もし、この6カ月のカリキュラムを、急いだらどうなるか?
おそらくマルをもらえなくなっていくでしょう。結果、算数が嫌いになる子が増える。
犬のしつけのトレーニングも同じです。
飼い主がその場からいなくなっても、戻ってくるまでのオスワリ・マテを教えたいのであれば、6カ月程度かけて教える。リードをたるませてのお散歩を身につけさせたいのであれば、これまた6カ月程度かけて教える。
しっかりと教えるには時間がかかる。そういうものなのです。

理想はパピーから、人間でいえば幼児教育からのクラスへの参加。そこから6カ月間というと、第二次性徴期を終える頃。人間でいえば、義務教育をしっかりと終えることができる

子どものみならず大人だって

もう少し成長した段階を例に。
例えば、高校でのクラブ活動。それまでやったことのないスポーツや楽器演奏を入学時に始めたとします。
1学期は基礎練習に明け暮れ、夏に合宿、そして秋に新人戦デビューや文化祭での人前での演奏。
これまた、なんとなく形になるまで半年くらいかけていくのですね。
さらに成長して社会人。
なにか新しいお稽古事を始める。
これまた、人様にご披露できるまでには、半年くらいかかるものなのです。
文化的なお稽古事であれ体を動かす何かであれ、それらを身につけていくということは、脳にしっかりとした回路ができ上がっていくということ。
脳の回路は、繰り返し繰り返しそこに信号が流れることによって確かなものが構築されていく。その回路を構築するプロセスに、時間が必要ということなのです。

問題行動の改善もしかり。それまでの回路とは別の脳の回路を構築していくということ。「問題行動があっという間に治る」といったセールストークは疑った方がよろしいかと
Can! Do! Pet Dog School

お稽古事のつもりで

私がJAHA(公益社団法人日本動物病院協会)から認定を受けている「家庭犬しつけインストラクター」の仕事は、飼い主に犬のしつけ方の方法を伝えることです。
教室は、飼い主が犬のしつけ方を学ぶ学校なのです(もちろん犬が学ぶ場でもありますが)。
そしてすでに話したように、そのしつけ方を身につけるのに、お稽古事のように6カ月程度の時間は必要なのです。
クラブ活動やお稽古事で始めた新しい何かを数カ月でやめた場合どうなるか?
私の同級生などを見ている限り、そうした人は何も始めていない人と、そう大差のないレベルで終わっています。
「お稽古事だと思って参加してください。6カ月たてばそれなりの形になります」。実際セミナーではそのような趣旨のことをお話しします。
ただ、お稽古事とは違う大きな点がある。
お稽古事は、ある程度形になったあとも、発表会があったりさらにその上の階級への階段(昇級?資格?)があったりで、その先も長くお金もかかります。しかし、犬のしつけ方には、そうしたものはありません。
ほぼ6カ月で、一生ものの犬と幸せに暮らせるすべを身につけることができるのです。
たった6カ月で、一生ものの財産と幸せな日々が手に入る。これって、お得だと思いませんか?

犬の平均寿命は、約14.5才。飼い始めから、多少の時間と費用が必要となるが、その努力を惜しまなければその後10数年間幸せに暮らせる
Can! Do! Pet Dog School

文/西川文二
写真/Can! Do! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『子犬の育て方・しつけ』(新星出版社)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!トイプーぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(16才)、鉄三郎くん(11才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る