1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 散歩
  5. 小型犬でも散歩は必要!お散歩不足の犬にはどんなリスクがある?

犬と暮らす

UP DATE

小型犬でも散歩は必要!お散歩不足の犬にはどんなリスクがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちのコは小型犬だから」「散歩が嫌いだから」など、愛犬のお散歩をあまりしていないとう場合、リスクがあることをご存じでしょうか。
いぬのきもち獣医師相談室の先生に、散歩不足の犬のリスクについて話を聞きました。

犬の散歩は心と体の健康のために必要

小型犬でも散歩は必要!お散歩不足の犬にはどんなリスクがある? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――犬の散歩はなぜ必要なのですか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):

犬の散歩は、心身の健康のために必要です。お散歩で人や犬に会ったり、ニオイや音などの刺激から、楽しい、嬉しい、怖い、不安など、多くの経験をすることができます。

また、散歩に行くことは、家族と室内で過ごす生活だけでは得られない学びができるなど、愛犬が成長するチャンスでもあります。」

お散歩不足の犬は病気のリスクが高くなる

小型犬でも散歩は必要!お散歩不足の犬にはどんなリスクがある? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――お散歩不足は犬の体にどのような影響がありますか?

獣医師:
「お散歩をしない犬は、運動不足から肥満になるコが多いです。また、筋力が衰えて歩くことが大変になるケースもあります。

他にも、肥満が関係する変形性関節炎や糖尿病、心肺疾患、高血圧など、病気のリスクが高まります。

犬の健康には適切な体重管理が必要です。」

散歩をしないと愛犬が心の問題を抱えることも

小型犬でも散歩は必要!お散歩不足の犬にはどんなリスクがある? いぬのきもち
獣医師:「犬がストレスを抱えていると、精神的に安定せず、飼い主さんの制止がききません。散歩不足から退屈で食糞をするコもいます。」
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――散歩をしない犬は精神面でどのような問題が起こりやすいのでしょうか?

獣医師:
「自分の家から外に出ない犬は、吠える、噛むといった問題行動を起こすことが多いです。

また、運動をしないとお腹が空かないため、食ムラや食が細い、食欲がないという飼い主さんのお悩みにもつながります。

他にも、見知らぬ人や犬、電車や車の音、外のニオイなどに慣れていない場合、いざ散歩をしようとすると、犬が怖がって歩かないことがあります。

この状況は、飼い主さんの"うちのコは散歩が嫌い"という誤解にもつながります。」

シニア犬や病気の犬は外出する工夫を

小型犬でも散歩は必要!お散歩不足の犬にはどんなリスクがある? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

――シニア犬や持病のある犬など、歩くことが体の負担になる場合はどのようなケアをすればよいでしょうか。

獣医師:
「シニア犬は、体内時計がずれることもあるので、日光に当たるのはよいことだと思います。散歩で歩かなくても、土や草の上でニオイを嗅がせてあげるだけで脳の刺激になります。

また、抱っこをしたりカートに乗せるなど工夫をして、外出する機会を作るとよいでしょう。」

犬にとってお散歩は大切なものです。犬の心と体の健康のためにも外の刺激に触れさせてあげましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室 担当獣医師
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る