1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬がかかりやすい目の病気。通院回数や治療費はいくらかかる?

犬がかかりやすい目の病気。通院回数や治療費はいくらかかる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の病気になったときの「治療法」や、「通院日数」「診療費」についてご紹介します。

治療は目薬で行うケースが多い

目の病気は、目薬を用いた治療が一般的です。
結膜炎や角膜潰瘍などには、細菌の繁殖を抑えるために抗生剤の目薬を。

また、乾性角結膜炎には、涙を保持させる目薬や免疫を抑制する目薬を使います。

目薬は開封してから時間がたったものを使うと、目の健康を損なうこともあるので、再使用はやめましょう。

いぬのきもちWebMagazine

犬の背中側から近づき、後ろから目薬をさすと◎。前からさすよりびっくりさせず、スムーズにできる場合が多いです

目薬以外にはこんな治療法も!

病気によっては、外科手術で治療できることも。
白内障のたんぱく質除去手術のほか、緑内障のレーザー治療など、専門的な手術もあります。

また、犬がかゆみや痛みによって目をかいて傷つけないように、目薬の治療中や術後にエリザベスカラーを首につけて目を保護することも多いです。

目の病気で病院にかかった半数は1回で通院を終えている!

いぬのきもちWebMagazine

上のグラフを見ると、半数は1回で通院を終えています。
目の病気は目薬の処方で治療することが多いため、病院に頻繁に通うことが少なく、数日で通院を終えることが多いのかもしれません。

病気が進行しやすいシニア犬の診療費は高めの傾向に

いぬのきもちWebMagazine

若い犬よりも目が衰えやすくなるシニア犬は、病気を発症したり、病状が進行し重症化していることが多いため、治療費がかさむ傾向にあります。

上のデータでも、年齢が上がるにつれ、診療費が高くなっているのがわかります。

出典:「いぬのきもち」2017年10月号『データで解析! 今月の予防したい犬の病気』
データ提供:アニコム損害保険株式会社
写真:フジタ動物病院

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る