1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬と一緒。夏の車で渋滞の時、特に気を付けないといけないこと

犬と一緒。夏の車で渋滞の時、特に気を付けないといけないこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いぬのきもちweb

夏のお出かけシーズン、愛犬とのドライブはとても楽しいものです。しかし、渋滞にはまってしまうこともあります。
渋滞中、犬がいることでリラックスすることもできますが、一方慣れていないドライブであれば心配事も増えてしまいます。

事前準備をしっかり行うようにしましょう。

安全運転、そして適度な休憩

まずは、渋滞でも焦らず安全第一に気を付けましょう。渋滞にはまってしまった時であっても、落ち着いて過ごすことができるように出発前から安心して過ごせるように車内環境を整えておきましょう。

万が一、愛犬が、運転席に来てしまったら、事故につながってしまう危険性もあります。
できるだけ愛犬のスペースは後部座席に作ってあげるとよいでしょう。

夏のドライブは特に車内の温度や通気性に注意しましょう。夏の渋滞は、風の通りも悪くなり、車内の温度が上がってしまう危険性があります。
時にキャリーバッグやケージで移動する際は、直射日光があたっていたり、風通しが悪いと体調不良を起してしまいます。
熱中症の危険性が高まりますので、十分に注意するようにしましょう。

長時間のドライブになることで、予定外の乗り物酔いや体調不良を起こしてしまうこともあります。
ケージなど自分の姿勢を安定できるものに入れて移動してあげたほうが安心できます。

また、獣医師に相談して、念のために備えて酔い止めを処方してもらうこともできます。体調変化にも注意するようにしましょう。

愛犬がリラックスできるように準備

夏のドライブで渋滞にはまってしまった場合であっても、犬自身が落ち着いていれば、そのままケージの中で寝かせておくなど安心して過ごすことができます。

初めてドライブする際は、まず、愛犬が車に乗ることができるかどうか確認してみましょう。
車の中の環境にも少しずつ慣らしておくことで、家族も愛犬も安心してドライブに行くことができます。


初めてのドライブが長時間になり、落ち着くことができない場合もあるかもしれません。
同乗者がいる場合は、声をかけて優しく体に触れてあげるなどしましょう。大好きなおやつなど、ごほうびになるものを事前に準備しておいてもよいでしょう。

最近では、ドライブ専用のハーネスやボックスも販売されています。
普段から外の様子を見ることが好きな犬や、飼い主さんの顔がしっかり見えていることで安心する犬には、こういった物を用意してあげることもひとつの方法です。

一方で、外の世界が見えて興奮してしまう愛犬には、ケージなどを用意してあげたほうがよいでしょう。

渋滞を抜けたら休憩を

渋滞の間は静かにしていた愛犬も、排泄を我慢していたり、外の空気を吸いたいということもあります。
渋滞を抜けて焦る気持ちもありますが、まずは、愛犬の体調を優先に休憩を入れてあげるようにしましょう。

最近では、ドッグランが設置されているサービスエリアも多くあります。
愛犬の気分転換にこのような場所で運動をさせてあげることもよいでしょう。


しばらく気分転換を終えると、愛犬もまた落ち着きを取り戻すことでしょう。
車酔いをしない子は助手席に座らせても良いですが、犬に気を取られて運転者の注意が散漫になりやすいです。
再度、車内の環境を整え、愛犬の動きが運転の妨げにならないように注意しましょう。

気分転換をしてテンションや体温も上がり窓から外を見るのが好きな子も多いですが、信号などで停止中に窓から飛び出したり、二輪車に吠え掛かったりしないよう、愛犬にはセーフティハーネスやドライブボックスを使って大人しく座ることを教えましょう。

まとめ

愛犬との夏のドライブは、体調管理に特に注意が必要です。まずは、普段からの体調管理、そして愛犬がドライブ中でも安心して過ごすことができるように車内環境を整えるようにしましょう。
焦らないように時間に余裕をもつことは大切ですが、適度に気分転換をいれることも忘れないようにしてくださいね。

文/ペットシッター 山川歩夏

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る