1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 不安な気持ちに……愛犬がストレスを感じる飼い主さんの行動5つ

不安な気持ちに……愛犬がストレスを感じる飼い主さんの行動5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いぬのきもちweb

愛犬がストレスを抱えていないか、飼い主さんにとっては気になることですよね。
しかし、じつは飼い主さんの無意識の行動が、犬にとってストレスを与えていることもあるのです。

この記事では、愛犬がストレスを感じるかもしれない「飼い主さんの5つの行動」を紹介しますね。

①飼い主さんが不機嫌なこと➝イライラが伝わってきて落ち着けない

犬は家族の機嫌を敏感に察知する動物。家族の中に不機嫌な人がいると、犬も不安になってしまうのです。

イライラしているのを愛犬に見られないよう、別室に行くなどしましょう。

②マズルをつかんで叱られること➝不快感と恐怖心を植えつけ、関係性が悪化!

マズル(鼻口まわり)は犬にとって繊細な部分。マズルをつかまれて叱られたら恐怖心でいっぱいになり、かえって飼い主さんの言うことを聞かなくなります。

犬は叱っても通じませんし、混乱してしまいます。愛犬がそそうをしたときなどは、マズルをつかまずに無言で後始末をしましょう。

③怒鳴られること➝突然の罵声はショック! 嫌な気持ちでいっぱいに……

耳がいい犬にとって、飼い主さんの大声を聞くとショックを受けることも。怒鳴られたら驚きますし、不安な気持ちでいっぱいになり、ビクビクして接するようになることがあります。
 
犬に対して怒鳴るのはよくありません。もし怒鳴ってしまったらそのまま放置せず、愛犬を安心させましょう。
「オスワリ」や「待て」などの簡単な指示出しをして、できたらほめてあげてください。

④家族のケンカを見ること➝とばっちりがきそうで、犬も気が気ではい!

犬は人のケンカの内容まではわかりませんが、「家族が怒っていて怖い」とは感じます。
「自分にとばっちりがくるのではないか」と、不安な気持ちになってしまうのです。

⑤家族の長電話を聞いていること➝電話口から聞こえる声が気になる!

飼い主さんが長電話をしていると、長時間相手をしてもらえないことや、電話口から聞こえる声の不気味さに、愛犬がイライラすることがあります。

愛犬が電話を嫌がり、うるさく吠える場合は別室へ移動しましょう。
「吠えたら飼い主さんがいなくなるんだ」と覚えて、吠えが改善されることがありますよ。

いぬのきもちweb

これら5つの行動の中には、ふだんから飼い主さんが無意識にやってしまっていることもあるでしょう。「しつけのためだから」と怒鳴って愛犬にストレスを与えていないかなど、振り返ってみてくださいね。

出典/「いぬのきもち」『ベテラン飼い主さんも意外と知らない 愛犬のストレス事典』
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る