1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ダニ・ノミ・寄生虫
  5. 【獣医師監修】愛犬に感染するダニについてのまとめ~種類、症状、治療法、予防法|いぬのきもち

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】愛犬に感染するダニについてのまとめ~種類、症状、治療法、予防法|いぬのきもち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬と暮らしていると、散歩などで外に出る機会も多くなりますよね。そんな生活の中で犬にも人にも感染しやすく、怖いのがダニ。とくに犬が大好きな草むらなどにひそんでいるダニは、刺されると除去も大変。犬はどんなダニに感染するのでしょうか? ダニの種類や感染したときの症状、治療方法などをまとめました。



監修/石田陽子先生(石田ようこ犬と猫の歯科クリニック院長)

ダニの種類と治療法

画像/iStock、Getty Images Plus

犬につくダニは大きくわけて以下の5つです。この中でもっとも犬や人にも危険なのがマダニで、さまざまな病気を媒介するため注意が必要です。愛犬に下記のような症状が見られたら、ダニがついていないかを疑いましょう。


ダニの種類症状治療法
マダニ 貧血、頭痛、発熱、倦怠感、発疹、リンパ節の腫脹など 対症療法(殺ダニ剤など)
ヒゼンダニ フケ、発疹、かさぶた、激しいかゆみ、疥癬(かいせん)2~4週間程度の殺ダニ剤の投与と塗布
ミミヒゼンダニ 耳の激しいかゆみ、多量の耳アカ 殺ダニ効果のある滴下剤や経口薬を投与し、耳を洗浄する
ニキビダニ 毛包虫症、皮膚病変、免疫力低下(皮膚の免疫力次第で、再発を繰り返す) 殺ダニ剤の塗布、投与
ツメダニ 大量のフケ、ただれ、かさぶた、かゆみ 殺ダニ成分が含まれたシャンプーと殺ダニ剤の投与

マダニを除去するにはどうしたらいいの?

画像/iStock、Getty Images Plus

愛犬の体にマダニを見つけたとき、除去するには滴下タイプまたは投薬タイプの殺ダニ剤を使用するのが一般的ですが、ただちにそれらの薬が手に入らない場合は、以下の方法があります。

① 殺虫剤をしみこませた綿棒やワセリンを、吸血して肥大化したマダニの体や吸血されている部分に塗る
② 酢やエタノールをコットンにしみこませたもので、吸血箇所を覆う

①と②を試すことで、マダニが落下します。そのときはピンセットでつまんだり、手で無理に引っ張ったりしないようにしましょう。マダニの口器が犬の体に残り、痛みが出て皮膚炎になることもあるので注意。自宅でマダニを除去したとしても、その後は必ず動物病院で受診しましょう。一般的にマダニによる病原ウイルスなどが感染する確率は吸血されてから48時間経過後に急速に高まるといわれています。つまり吸血されないようにするのが肝要ですから、あらかじめ殺ダニ効果のある薬を投与しておくことが最適な方法になります。

ダニの予防法と殺ダニ剤の種類

ダニは通年生息していますが、活発に吸血するのは春先から秋口にかけてです。そのため、地域によってはダニの予防時期に変動はありますが、だいたい4月から10、11月ごろまでを目安に行うといいですね。
予防薬は皮膚に滴下するタイプや、経口タイプ(1~3カ月に1回)などがあります。愛犬の症状に合ったものを処方してもらいましょう。

治療薬の料金は?

画像/iStock、Getty Images Plus

殺ダニ剤は市販されているものもありますが、薬剤によっては副作用が出る恐れがあるので、獣医師とよく相談して処方してもらいましょう。薬の料金は、一般に体重5㎏以下の犬で1カ月あたり1000~2000円程度になります。3カ月効く経口薬は4000~5000円です。

予防で愛犬の健康を守りましょう

愛犬のダニ予防が何より大切ですが、ダニがついたときには犬がかゆみを感じることが多いため、体をしきりにかく、特定の部位をなめたり噛んだりする、ブルブルと体を振る、体を壁にこすりつけるなど、かゆみを解消しようとするしぐさが見られます。皮膚に炎症が起きているときには脱毛が見られることも。早く発見できれば、そのぶん治療期間が短く済むことも多いので、飼い主さんが症状を早期発見してあげられるように注意したいですね。


監修/石田陽子先生
獣医師。川崎市の石田ようこ犬と猫の歯科クリニック院長。
子犬のしつけ教室や行動治療なども行う。
愛犬は和音くん(オス・11才/4.7kg/ミニチュア・ダックスフンド)

石田ようこ犬と猫の歯科クリニック

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る