1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬への思いが裏目に!?犬に与えてはいけない食べ物・飲み物とは?

愛犬への思いが裏目に!?犬に与えてはいけない食べ物・飲み物とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトの主食から探る愛犬のNGフードとは?

人間が主食として食べるものは、犬にとって塩分が強く味が濃いものが多いため、極力与えないようにしましょう。特に、次の食品は愛犬に有害なケースがあるので要注意です。

<朝食時に与えがち!【グラノーラ】>

犬の身体にグラノーラの糖分と食物繊維は多すぎるため、軟便や下痢の原因になることもあります。更に、ワンちゃんに有害であるドライフルーツが混じっていることがあるので、朝食のついでなどに与えないようにしましょう。

<外でのランチに与えがち!【調理パン】>

愛犬とのお出かけ先でついあげがちなのが、サンドイッチやハンバーガーなどの調理パン。しかし、犬にとって有害な玉ネギやソースが使われていることが多く、ワンちゃんが中毒症状を起こしてしまった事例もあります。愛犬が欲しがっても与えないように!

<おやつに与えがち!【菓子パン】>

クリームやジャムなどが入った菓子パンは、非常に高カロリーで糖分も高いため、肥満の原因になります。また、チョコレートやココア入りの菓子パンには、ワンちゃんに中毒性がある成分が含まれているため、嘔吐や心不全などを引き起こし、最悪死に至る恐れがあります。

飲ませてはダメ!愛犬のNGドリンクとは?

<健康に良い?【野菜・フルーツジュース(市販)】>

人間の身体には良い野菜ジュースですが、糖分や塩分が多い他、玉ネギなど犬に有害な成分を含んでいる恐れがあるため、与えるのは避けましょう。また、市販のフルーツジュースも糖分が多く、果物によっては中毒症状を引き起こすものもあるので、与えてはいけません。

<宴会時には要注意!【アルコール類】>

宴会時は普段より気が緩みがちですが、寄ってきた愛犬にアルコールを与えるのは厳禁です!急性アルコール中毒で危険な状態になるだけではなく、最悪死につながることも!お酒の甘い匂いにワンちゃんが興味を示しても、絶対に与えないようにしましょう。

<つい飲ませてしまいたくなる【緑茶・ほうじ茶・紅茶】>

お茶に含まれているカテキンやタンニンは、人間の身体には良いものですが、ワンちゃんには中毒性がある成分なため、けいれんなどの症状が起きる恐れがあります。飼い主さんが普段飲んでいるものだから大丈夫…と思って与えてしまうケースがありますが、絶対にNGです!

人間の健康食材=愛犬の健康食材?

人間の身体に良い=犬の身体にも良いという思い込みが悪い方に働き、動物病院へ駆け込む飼い主さんもいます。愛犬の身体に負担をかけないよう、与える前には必ず確認をしましょう。

<便秘対策にと思いがち!【こんにゃく】>

食物繊維の塊であるこんにゃくは、便秘解消に効くイメージがありますよね。しかし、それは人間の場合です!犬がこんにゃくを食べてしまうと、その食物繊維の多さがネックとなり、消化不良を起こしてしまいます。また、犬には丸呑みをする性質があるため、こんにゃくを喉に詰まらせてしまう恐れもあります。

<栄養価は高いけれどNG!【生卵の卵白】>

生卵の卵白のみを食べてしまい、下痢などの中毒症状を起こした事例があります。黄身のみなら、生でも小さじ1杯までは与えても大丈夫ですが、白身はNGです!

<虫歯予防として与えないで!【キシリトール入り菓子】>

キシリトールは、犬が食べると命にかかわるNG甘味料です。急激な低血糖にみまわれ、痙攣や運動失調を引き起こす恐れがあります。更に、肝不全や死に至ることもあるので、食べさせてはいけません。

以上、愛犬に与えてはいけないNG食材を、人間の主食と飲み物を中心にご紹介しました。人間にとっては健康食材でも、愛犬にとっては害でしかないものは数多くあります。本当の意味で愛犬の身体について考え、健康で過ごせるようにサポートをしてあげましょう。

出典/「いぬのきもち」2017年3月号『ふだん使いの健康食材犬に与えてOK?NG?』
文/aiko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る