1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬が飼い主さんに「隠れてしがち」な行動2つ 解決法は?|獣医師解説

犬と暮らす

UP DATE

犬が飼い主さんに「隠れてしがち」な行動2つ 解決法は?|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんが近くで見ていないときを狙って、犬が「してはいけないこと」をする場合があるようです。

この記事では、犬が飼い主さんに「隠れてしがち」な行動2つと解決法について、いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生が解説します。

犬が飼い主さんに隠れてしがちな行動2つ

くつろぐパピヨン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が飼い主さんに隠れてしがちな行動としてよく見られるのは、下記のようなものです。それぞれ理由と解決法について解説します。

1.食フン

飼い主さんの見ていないところで、食フンをする犬がいます。食フンしてしまう理由としては…

  • 本能的な行動として
  • 飼い主さんの注目を引きたい気持ちから
  • 消化不良や栄養不良の影響

などが原因として考えられます。

愛犬の食フンをやめさせるのは、下記のようなことが対策としてできるでしょう。

  • 愛犬がウンチをした際はすぐにおやつやおもちゃなどで気を引き、その間にそっと片付けて食フンの習慣をなくす
  • 食フン現場を見かけても怒ったり声をかけたり、リアクションしない

過度にリアクションをしてしまうと、飼い主さんの気を引けたと思い、食フンを繰り返すようになるので、注意しましょう。

2.イタズラ、誤飲誤食

飼い主さんがいないときにイタズラをしたり、食べてはいけないものを誤飲誤食する犬も多いです。

その理由としては…

  • 寂しさや八つ当たり
  • 飼い主さんの注目を引きたい気持ち
  • 普段だと飼い主さんの目を気にして食べたい欲求を抑えられるが、留守中や目の届かないところだと我慢できなくなってしまう

といったことが考えられるでしょう。

イタズラや誤飲誤食を防ぐためには、それをできない環境にすることが何よりも大切です。具体的には、下記のようなことが対策としてできるでしょう。

  • 愛犬から目を離すときはケージに入れる
  • 愛犬が誤って食べてしまいそうなものは、手の届くところに置かないように対策する
  • イタズラをされても、危険な場合を除いて大きなリアクションをとらないこと(理由は食フンと同じ)

おもちゃで遊ぶ犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

食フンやイタズラ、誤飲誤食のいずれも、好奇心や食欲が旺盛な犬、活発なタイプの犬に見られることが多い傾向にあります。

飼い主さんが対策をすることで防げるケースも多いので、悩んでいる飼い主さんはぜひ実践してみてくださいね。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る