1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 寝室に行くと「遅かったね」と愛犬がスタンバイ!? 飼い主と寝るのが好きな犬の傾向は|獣医師解説

犬と暮らす

UP DATE

寝室に行くと「遅かったね」と愛犬がスタンバイ!? 飼い主と寝るのが好きな犬の傾向は|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんが寝室に行くと、そこには…。

ベッドで飼い主さんのことを待つ文太くん
「遅かったね。待ってたよ」
@bunstagramdesu

こちらは、Instagramユーザー@bunstagramdesuさんの愛犬・文太くん。

とある日の夜、ママさんが寝ようと寝室の電気をつけると、文太くんがベッドの上ですでにスタンバイをしていたのだそうです。一体いつから待っていたの!?(笑)

枕に左前足を乗せてポーズをキメて、「遅かったね。待ってたよ」と言わんばかりの表情で見つめてくる文太くん…「イケワン」です。

ベッドで飼い主さんのことを待つ文太くん
@bunstagramdesu

こんなふうに待っていてくれたら、ママさんはキュンとせずにはいられないですね♪

当時の状況について、話を聞いた!

飼い主さんの隣で眠る文太くん
「am2:00…丑三つ時…なにか気配を感じて目を覚まし、電気をつけると…ぶんやんが隣で寝ていた」
@bunstagramdesu

飼い主さんにお話を伺うと、文太くんは夜寝る時間になるとひとりで寝室に行き、あのようにベッドの上で寝ていることが多いのだそう。それには、とっても可愛らしい理由があるそうです。

飼い主さん:
「基本的に、文太は夜はケージで寝ています。でも、ベッドに行けば私たちと一緒に寝られることを知ってからは、あのように先にベッドで寝ていたり、待っていたりすることが多くなりました

あの日も文太の作戦勝ちで、結局みんなで一緒にベッドで寝ました!」

いつもはちょっぴり不器用?

貫禄がスゴい文太くん
貫禄がスゴい…!
@bunstagramdesu

ベッドで待っていたイケワン風の文太くんを見たとき、「待ち姿がなんとも渋くて思わず笑ってしまった」と話す飼い主さん。というのも、普段の文太くんは、ちょっぴり違うタイプなのだとか。

飼い主さん:
「いつもは男前というより、ちょっと不器用な感じです。でも、クッションや枕を肘置きにして座ることが多く、その姿はかなりイケワンですね!(笑)」

【獣医師解説】飼い主さんと寝るのが好きな犬の傾向は?

まったりする文太くん
@bunstagramdesu

飼い主さんと寝たくて、先回りしてベッドの上で待っていた文太くん。とってもキュンとする行動ですが、飼い主さんと寝るのが好きな犬には、何か傾向が見られるのでしょうか?

いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生に聞きました!

岡本先生:
「飼い主さんと一緒に寝たいと思う犬は、甘えん坊な性格で、飼い主さんと一緒に行動することが好きなコに多い傾向があります。

紹介した文太くんは先回りしてベッドに行っていましたが、このような行動からは、飼い主さんへ『寝ようよ』というアピールをしていると考えられます。

犬は規則正しく生活する生き物なので、同じ時間になるとベッドへ向かうということが習慣化していて、結果、先回りしているように見える場合もあるのかと思います」

まったりする文太くん
@bunstagramdesu

愛犬が「寝ようよ」とアピールしてきたら、その気持ちに応えてあげたいですね♪

(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
写真提供・取材協力/Instagram(@bunstagramdesuさん)
※この記事は投稿者さまにご了承をいただいたうえで制作しています。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る