1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬を安心させる・不安にさせる留守番とは?これで留守番中も安心!

愛犬を安心させる・不安にさせる留守番とは?これで留守番中も安心!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の目線で環境を整えることが大事!

犬を飼っている方なら誰でも、仕事や旅行で愛犬を留守番させたことがあると思います。特に長時間の留守番になると、「かわいそう」と思うことがあるかもしれません。しかし、留守番がつまらないものになるか快適なものになるかは、飼い主さんの環境作りにかかっています。しっかりと環境を整えて、愛犬がリラックスして過ごせる空間を作りましょう!

したい時にしたいことができる環境を用意する

飼い主さんと一緒にいる時と同じように、留守番中も体を動かしたり、排泄したり、水を飲んだりする環境を整えましょう。快適なサークルを用意すれば、したい時にしたいことができるため、愛犬も安心して過ごせます。

安心できる寝床をつくる

寝床はできれば四方を囲まれたハウスタイプを用意してください。なお、サークル内に薄暗い場所を確保できれば、愛犬もより安心して休めるでしょう。

たっぷりの水を置いておく

ボウルに入れた水のほかに、ペットボトルを取り付けるタイプの水も置いておくと尚良し。万が一ボウルを倒してこぼしてしまった時も安心です。頻繁にこぼすようなら、ペットボトルだけでもOKです。

トイレはワイドタイプを

小型犬でも何回か排泄できるように、ワイドタイプのトイレを用意してあげましょう。大きなトイレがひとつあれば、留守番中のそそうも少なくなります。

長時間お留守番させるときのポイント

照明はつけたままで!

昼間は明るい室内でも、日が沈むと暗くなるため、犬も不安になってしまいます。特に冬になると日が沈むのが早いので、暗くなる前に帰れない方も多いと思います。ですので、照明はずっとつけっぱなしにしておくか、タイマー式の照明を用意して、暗くなるころに明かりがつくように設定しておきましょう。

トイレを綺麗にしてから出かけよう

トイレが汚れていると、犬は我慢をしてしまったり、トイレ以外の場所で排泄してしまったりします。もし長時間我慢してしまうと、体にも悪いですよね。快適に過ごしてもらうためにも、なるべく出かける前に排泄をすませてもらい、トイレを綺麗にしてから出かけましょう。

愛犬の様子をスマホで見守れるシステム

近頃は、外出先からペットの様子を見守れる監視カメラも増えており、なかにはスマートフォン経由で愛犬に話しかけることができるタイプも販売されています。留守番中でも飼い主さんの声を聴くことができれば、安心して過ごすことができますね。

こんな環境はNG!

サークルが狭い

犬の体の大きさに対してサークルが小さいと、充分に体を動かすことができずに、ストレスが溜まってしまいます。また、スペースが充分にないとトイレとベッドの距離が近くなり、自分のウンチを踏んだり食べたりしてしまうこともあります。

ですので、少なくとも愛犬の体の大きさと同じくらいのフリースペースを確保するようにしてください。自由に動けるスペースがあれば、愛犬もストレスを感じにくくなります。

外の様子が見えるような環境

外が見えるようにしておくと、人や車が通るたびに吠えてしまうことがあります。また、窓の近くは直射日光が当たって暑くなってしまったり、逆に冬は気温が下がります。窓の近くにサークルを置くのは避けましょう。

安心できる環境づくりを!

今回は、サークルを使った留守番スペースの作り方をご紹介しました。環境の整ったペットサークルに入っていてもらえば、誤食やケガのリスクを防ぐこともできますね。愛犬と飼い主さんの両方が安心できる環境を作って、留守番を少しでも快適なものにしてあげましょう!

出典/「いぬのきもち」2016年6月号『安心させる・不安にさせる留守番』
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る