1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬がなりやすい目の病気やかかりやすい犬種、治療法や予防法は?

犬がなりやすい目の病気やかかりやすい犬種、治療法や予防法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の目の異常は、見た目でわかりやすいので発見しやすいと思われがちですが、「涙だろう」「眠いのかも」などと思ってしまいがち。どんな目の病気にかかるリスクがあるのかを知っておいて、日々の健康チェックに役立てましょう。

若い犬でも要注意! 犬は目の病気になりやすい

犬は、比較的目の病気になりやすく、まつげの一部が目に刺さって炎症を起こしたり、遺伝的な理由で若い犬でも白内障や緑内障を発症したりすることも。とくに目が大きく、前に飛び出しているタイプは眼球を傷つけやすく、細菌などに感染しやすいです。

犬の寿命が延びたことで、目の病気も重くなりやすい傾向に

犬も人と同様、年をとると目の病気にかかりやすくなります。また、体力が落ちるため、場合によっては手術で完治を目指すより、進行を遅らせ、症状を和らげる治療を続けることもあります。そういう意味では、犬が病気と長くつき合わなければならないケースも増えていきます。

毎日できる、愛犬の目のチェックの方法

・目のまわりをチェックしよう
両手の親指で、犬の目の下をやさしく八の字を書くようになでます。毛が濡れていないか、腫れていないか、犬が痛がらないかなどをチェックして。
以下は、チェック内容と、疑われる病気です。

□毛の色が変色している
→涙やけ、角結膜炎の疑い
□毛が濡れている
→涙やけの疑い
□目ヤニで毛がガビガビしている
→角結膜炎、ドライアイの疑い
□触ると痛がる
→角膜潰瘍、緑内障の疑い
□異物が出ている
→チェリーアイ、腫瘍の疑い
□目の下が腫れている
→歯の病気や目の裏の腫瘍の疑い

・黒目や白目をチェックしよう
愛犬のあごを支え、もう片方の手で上まぶたを真上に軽く引っ張ります。毎日確認することで、左右の色の変化に気づきやすくなります。

□黒目が白く濁っている
→白内障の疑い
□黒目が出血しているように赤い
→角結膜炎の疑い
□白目が充血している
→角結膜炎、緑内障、ぶどう膜炎の疑い
□白目が黄色い
→黄疸の疑い(白目が黄色いときは、目以外の病気の可能性が高いです)

・しぐさや態度の変化をチェックしよう
□前足で目をこすっている
→角結膜炎、白内障、ぶどう膜炎の疑い
□まばたきが増えた
→涙やけ、白内障、緑内障、ドライアイ、逆さまつ毛、外傷の疑い
□まぶしそうに目を細めている
→緑内障、ぶどう膜炎、ドライアイ、逆さまつ毛、外傷の疑い
□物にぶつかる
→進行した白内障、網膜剥離、網膜変性の疑い
□急に怖がりになった
→進行した白内障、網膜剥離の疑い
□急に元気がなくなった
→緑内障の疑い

犬がなりやすい目の病気とかかりやすい犬種は?

・流涙症(涙やけ)
つねに涙があふれ出て、濡れた毛が赤茶色に変色する病気。犬が気にして目をこすると、炎症を起こして皮膚病につながりかねません。

・流涙症になりやすい犬種は、シー・ズー、マルチーズ、トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、パグ、チワワ など

・角結膜炎
目の表面を覆う角膜と、角膜の周囲の結膜に炎症が起こり、充血やかゆみを引き起こす病気。かゆみや痛みのために、犬は前足で目をこするようなしぐさを見せます。

・角膜炎になりやすい犬種は、チワワ、シー・ズー、マルチーズ、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、アメリカン・コッカー・スパニエル、フレンチ・ブルドッグ など

・チェリーアイ
涙をつくりだす瞬膜腺が切れて外に飛び出す病気。興奮したときなどに突然飛び出すのが特徴で、1才以下の子犬に多く起こる傾向が。犬は目をしょぼしょぼさせたり、充血や痛みを伴うことも。

・チェリーアイになりやすい犬種は、アメリカン・コッカ―・スパニエル、ビーグル、ボストン・テリア、シー・ズー、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク など

・白内障
水晶体と呼ばれるレンズが、なんらかの原因で白く濁り、視力が低下したり、失明の可能性もある病気です。加齢に伴う発症が多いですが、遺伝的になりやすい犬も。その場合は若くても発症します。

・白内障になりやすい犬種は、柴、ビーグル、トイ・プードル、ミニチュア・シュナウザー、ゴールデン・レトリーバー、ヨークシャー・テリア など

・緑内障
眼球の内側から外側に強い圧力がかかり、激しい痛みを起こす病気。犬は痛みのために動かなくなったり、じっと目を閉じたりします。発症後短期間で失明するといわれ、治療は緊急を要します。

・緑内障になりやすい犬種は、柴、アメリカン・コッカー・スパニエル、シー・ズー、ビーグル、マルチーズ、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク など

・網膜剥離
目の裏側をおおっている網膜の層が炎症を起こし、液体がたまって網膜がはがれ、視力の一部が失われる病気。犬の場合、特発性のことが多く、原因は不明。

・網膜剥離になりやすい犬種は、シー・ズー、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、イタリアン・グレーハウンド、トイ・プードル など

・ぶどう膜炎
細菌やウイルス感染、外傷のほか、ほかの目の病気が進行して合併症としてあらわれるケースが多い病気。目が充血したり、涙や目ヤニが多量に出て、痛みのために犬は前足で目をこすることも。

・ぶどう膜炎になりやすい犬種は、柴、ビーグル、トイ・プードル、ミニチュア・シュナウザー、ゴールデン・レトリーバー、ヨークシャー・テリア など

・ドライアイ
涙を出す働きに異常をきたし、涙の量が極端に減り目が乾く病気。目ヤニが増えて汚れたり、充血が起きるほか、まばたきが増えたり、まぶしそうに目を細めるしぐさでも気づくことができます。

・ドライアイになりやすい犬種は、アメリカン・コッカー・スパニエル、シー・ズー、パグ、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ブルドッグ など

犬がなりやすい目の病気の治療法や予防法は?

・流涙症の治療法
涙の分泌量を減らす飲み薬や目薬で治療します。鼻涙点を開いたり、詰まりを取る手術もありますが、できる動物病院は限られるので、かかりつけの動物病院に相談を。
・流涙症の予防法は?
涙の濃度を薄めるようにすると、効果的です。具体的には、獣医師に相談のうえ、涙と似た成分の人の目薬を点眼します。変色の原因となる成分の濃度を薄められます。濡らしたガーゼで目の下を拭くのも変色予防になります。

・角結膜炎の治療法
炎症の原因にあった治療を行います。毛が目に当たる場合は、周囲の毛をカットして処置します。再発も多く、点眼薬や飲み薬を継続して処方することも。
・角結膜炎の予防法は?
角結膜炎になりやすい要因は、シャンプーや毛の刺激、ケガやアレルギー、細菌やウイルス・寄生虫など。この要因についてふだんから気をつけ、アレルギーの場合は、動物病院で原因となる物質について調べてもらいましょう。

・チェリーアイの治療法
瞬膜腺を元に戻し、結合組織と結ぶ手術を行います。瞬膜腺は涙をつくる組織なので、切り取ってしまうと涙が不足し、ドライアイの原因にも。
・チェリーアイの予防法は?
犬が興奮して力が入ったときに突然飛び出すため、予防は難しいでしょう。遊んだあとなどに、目に異常がないかチェックして。早く見つけられれば悪化を防げます。

・白内障の治療法
目薬で視力低下の進行を抑える治療を行います。水晶体の濁ったたんぱく質を取り除く手術や、人工水晶体を入れる手術で視力を回復する方法もあります。
・白内障の予防法は?
白内障は片目だけにも起こり得ます。愛犬の目に濁りがないか、左右の目の状態に違いはないかを確認し、進行を防いで。原因になりうる糖尿病を防ぐため、肥満にも注意を。

・緑内障の治療法
点滴や目薬、注射、飲み薬で眼圧を下げる治療を行います。すでに視力を失ってしまった犬に対しては、眼球の摘出手術や義眼を入れる手術を行うこともあります。
・緑内障の予防法は?
緑内障は予防が難しく、異常があらわれてからは時間との勝負です。すぐに動物病院連れて行けるように、毎日目のチェックを。月に1回程度の健診で、異常がないか診てもらうと安心です。

・網膜剥離の治療法
点滴や注射、目薬、飲み薬などで炎症を抑え、剥離を止める治療をします。剥離が治れば、視力を回復させることができます。全剥離の場合は、治療が難しいことが多いです。
・網膜剥離の予防法は?
原因がはっきりしないため、予防は難しいですが、視力低下によって物にぶつかりやすくなるので、日ごろのしぐさに注意を。頭をぶつけるような事故にも気をつけて。

・ぶどう膜炎の治療法
目薬や飲み薬、注射などで、ぶどう膜炎の炎症を抑える治療をします。ほかの目の病気を発症しているときは、その病気の治療も並行して行います。
・ぶどう膜炎の予防法は?
濡らしたガーゼで、毎日、目の周りを拭いて清潔にし、細菌などに感染しないようにしましょう。ほかの目の病気がある場合は、その病気が進行しないように治療を続けましょう。

・ドライアイの治療法
涙の量を増やす薬で治療します。免疫性の場合は、涙腺になんらかの原因で自己抗体(自分の体の正常な組織を破壊しようとするもの)ができるため、その抗体を抑える目薬で治療します。
・ドライアイの予防法は?
ドライアイが進行すると、目の表面に膜が張ったように濁って、明らかに汚れていることがわかります。毎日の目のチェックで、目が輝いているか確認しましょう。

犬の目薬のさしかた

犬をオスワリさせて、体を自分の膝で挟みます。犬に薬が見えないよう背後から手を出し、頭とあごを支えます。
・基本の方法
1 キャップをはずした目薬を持ち、犬の背後から、片方の手であご下を支えて、犬の顔が動かないように固定します。同時に薬を持ったほうの手の小指を犬の目の上に当てて押さえます。
2 目薬を持った手の小指で、犬の目の上とおでこを押さえながら、まぶたを軽く引き上げ、後ろから薬を垂らします。あふれた目薬はティッシュで拭きましょう。

まとめ

犬の目の病気は、動物病院に来たときには、かなり進行しているケースも少なくありません。早期発見のために、毎日の愛犬の目のチェックを習慣化し、小さな心配ごとでも動物病院に相談するようにしましょう。

出典:『いぬのきもち』2012年11月号「犬がなりやすい目の病気」(監修:東京ウエスト動物病院 併設 眼科ケアセンター 江島博康先生)

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る