1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が監修】愛犬が下痢をする原因とは?ウンチの観察方法も

【獣医師が監修】愛犬が下痢をする原因とは?ウンチの観察方法も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、犬の「下痢」についてご紹介。ウンチ状態から危険度を判断する方法や、下痢の原因、病院に行くべきかどうかの見分け方から病院での治療について、そして下痢の予防法までお届けします。日頃からのウンチ観察が、大病を防ぐかもしれません。

まずは犬のウンチの状態を観察!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の排泄物は、日頃の体調チェックの一つとして活躍します。犬のウンチの状態は体調の変化が現れやすく、特に水分量の多い「下痢」は、注意が必要です。まずはウンチの固さによって危険度を見極めましょう。

コロコロして固めのウンチ

粒状でコロコロしている一方で、ややツヤのあるウンチは、許容範囲内だなどと判断できます。コロコロウンチになってしまう理由としては、ドッグフードを変えたことや水分量の低下が挙げられます。もし思い当たる節があるなら、飲み水の量を増やしてみてください。ただしあまりにも固くなると便秘の危険性もあるので、改善されないようでしたら動物病院で相談しましょう。

普通〜軟便

しっかり形作られていて、つまむと程よい固さをしたウンチは「理想的」と言えるでしょう。腸の活動にも問題なく、水分量も適度にとられている証拠です。表面が少しひび割れていても特に問題はありませんよ。愛犬が健康状態のときに、理想のウンチを覚えておくと便利ですね。

それよりも少し水分を含んだ「軟便」でも、形が整っている柔らかめのウンチなら大丈夫。しかし軟便が長く続くようなら、獣医師に相談してください。水分の取りすぎやストレスが原因の場合があります。

泥状&水状のウンチ

ウンチが泥状もしくは水状になっていたら、危険度が高いと覚えておきましょう。泥状のウンチは腸内細菌のバランスがとれておらず炎症を起こしているかもしれませんし、サラサラした水状のウンチはウイルス感染や強い炎症が原因かもしれません。下痢の程度にもよるため原因は断定できませんので、一刻も早く動物病院を受診しましょう。

犬が下痢してしまう原因は?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

フードに問題

下痢の原因としてよくあるのが、フードに問題があるケースです。コロコロウンチの項でもご紹介しましたが、フードの切り替えタイミングはウンチの状態に変化が見られることがあります。食物アレルギーの場合もありますが、人間のご飯をあげた、量を多く与えすぎた、おやつを与えすぎたなど、いつもと違う食環境は下痢につながりやすいと覚えておきましょう。

環境変化が原因

季節の変わり目や外出時など、普段と生活環境が変わることで緊張やストレスを感じると腸の機能低下を起こして下痢をしてしまうこともあります。環境変化が苦手な犬もいれば、そもそも精神的に弱い犬もいるので、このような犬は過度なストレスは与えないよう心得ておきましょう。人が緊張やストレスでお腹を下すのと同じ原理ですね。

寄生虫やウイルスが原因

子犬によく見られるのが、寄生虫が原因の下痢です。特に子犬や高齢犬は免疫力が低下しているため、重症化してしまうことも。

寄生虫以外には、ウイルス性が原因の場合もあります。犬パルボウイルス、コロナウイルスなどが挙げられますが、これらはワクチンによって予防が可能です。種類を確認して定期的なワクチン接種で防ぎましょう。また大腸菌やサルモネラ菌といった細菌性の下痢もありますので、腸内環境を乱さない意識も大切です。

生まれつき下痢になりやすい犬もいる?

生まれつきの体質が要因となっている可能性もあります。アレルギー体質の犬の場合は、アレルゲンを摂取しないフードで改善できることもあります。

病院に行く必要がある場合の見極め方

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

下痢と病気が密接であることはご紹介しましたが、それでは動物病院に連れて行くべき基準はどこにあるのでしょうか。まずは「固さ」について。先述した通り軟便が続く場合や、泥状や水状の下痢状態にあるときは迷わず獣医師に相談しましょう。

さらに「色」も重要な判断基準。グレーから白色をしたウンチは胆のうの機能が低下しており、胆汁が正常に分泌されていない恐れがあります。さらに赤色は血液混じりのウンチの可能性がありますので、一刻も早い受診が求められます。

最後に、ウンチの「量」や「ニオイ」も、日々のチェックポイントにくわえましょう。ニオイがいつもよりきつかったり、量が極端に少なかったりしても警告サインです。正常なときのウンチのニオイを嗅いでおき、できればウンチの量も測っておけるとベターですね。

病院に行く必要がない場合の家での対処法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

もし元気や食欲があり、病気に行く必要がないと判断して自宅で療養させる場合は、半日程度絶食させてみてください。中には胃液を戻してしまう体質の子もいるため、その場合は少量だけ与えるなど調整しましょう。もしくは整腸剤を与えてみるのもいいでしょう。新ビオフェルミンSなどの市販薬を与えたい場合は、医師の判断を仰ぐようにしましょう。

もし下痢が一時的だったのなら、フードに原因があった可能性もあります。与えるご飯は少量にとどめて、おやつも控えるようにしましょう。再発の危険性もあるので、甘くみすぎないようにしてくださいね。

病院での診断・治療法は?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

下痢の治療は、主に投薬によって行います。特に病院での診断が必要なウイルス性や細菌性、寄生虫などが原因の場合は、病院での治療がマスト。たとえば寄生虫は、駆虫薬などで対処します。もしアレルギーが原因の場合は、アレルゲンの特定をしてくれることもあるので、これを機会に検査しておくのも良いでしょう。

そして病院から帰ってからの対応も重要。下痢をしてしまったということは、生活環境になにか原因があったのかもしれませんよね。まずは直近のことを思い出してください。生活環境は清潔だったか、ストレスはなかったか、他の犬との接触はなかったか、ワクチンは打っていたか、フードを頻繁に変えていなかったかなど、一度振り返る時間を作ると良いでしょう。自ずとそれ以降の接し方も見えてくるはずですよ。

下痢の予防法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

これまでご説明したとおり、ウンチに異常が起きるメカニズムは、腸内環境に何か異常が生じている証拠でした。そこで飼い主さんが下痢を予防する手段の一つとしては、サプリメントなどで「乳酸菌」などの有益な菌(プロバイオティクス)を取り入れて善玉菌を増やすことが挙げられます。有益な菌は腸内環境を整えるのはもちろん、犬の健康サポートにも一役買ってくれます。有益な菌のサプリメントは販売されている種類も豊富なので、愛犬にあったタイプを探してみてはいかがでしょうか。

あとは与えるフードに気をつけ、生活環境の変化などで余計なストレスは与えないようにしましょう。ウイルス性の下痢を防ぐにはワクチン接種も有効なので、定期的に動物病院を受診するようにしてください。

以上、犬の下痢についてご紹介しました。食生活の管理やワクチン摂取など普段からの予防も大切ですし、もし下痢をしてしまった場合は症状をしっかり見極めて落ち着いて対処しましょうね。少しでも不安が残る場合は、かかりつけの獣医師に相談するようにしましょう。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「犬の下痢の症状と原因、対策について」

出典元/『いぬのきもち』17年6月「愛犬のウンチで健康チェック」(監修:南 直秀先生)
   『いぬのきもち』16年11月「犬のウンチとオシッコができるまで」(監修:野矢 雅彦先生)
   『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「犬の下痢の症状と原因、対策について」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/JANE
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る