1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. お困り解消! 犬が糞を食べてしまう原因とその対処法

お困り解消! 犬が糞を食べてしまう原因とその対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が糞を食べてしまった経験がおありの方、実はかなり多いのではないでしょうか。犬が自分や他の犬の糞を習慣的に食べてしまう行為のことを「食糞症」と言います。「正直言って気持ちが悪いし、病気になるのではと心配なのでやめさせたい」と、そんな不満や不安を抱えていらっしゃる飼い主さんもいらっしゃることでしょう。
犬の食糞症の原因として、餌の量や種類、ストレス、病気などがあります。子犬や母犬では自然におさまるケースもありますが、根気のいるトレーニングが必要となる場合も多く、正しい理解が必要です。
そこで今回は、食糞でお困りの飼い主さんが知っておくべき知識について、獣医師の立場から解説します。

犬の食糞症とは

食糞症とは、読んで字のごとく糞を食べてしまう状態を指します。自然界でも色々な動物が食糞することが知られており、野生の犬や狼も食糞すると言われています。
飼育されている犬でも、子犬や母犬は食糞することが知られています。子犬の場合、未発達な腸内環境を整えるために糞を食べるという説と、まだ分別がつかず何にでも好奇心が旺盛なために糞を食べてしまうという説があります。これらの原因であれば、一時的なもので自然と収まることも多いです。また、母犬の場合では、子犬の衛生を保つためという説と、臭いで天敵に存在を悟られないようにするためという説があり、こちらも一時的なものであることが多いです。子犬同様、少し様子を見ていれば次第に食糞をしなくなってくるでしょう。

その他の原因の場合でも、基本的には健康な状態の個体の糞便を食べてしまっても、健康上は問題ないことが多いです。しかし、寄生虫や一部のウイルス性疾患などの感染症は糞便を介して伝染してしまうため、もちろん好ましいことではありません。中には病気を原因として起きる食糞もありますので、注意が必要です。子犬や母犬などの一時的な食糞は様子をみてもいいですが、一時的ではない場合にはしっかりと原因を考え、適切に対処しましょう。

犬が糞を食べてしまう理由

考えられる原因はたくさんありますが、主なものは下記の通りです。

1.食餌の量が足りない
2.食餌の栄養素が足りない(偏っている)
3.食餌の中の栄養素の吸収や分解が不十分もしくはできていない。
4.認知症
5.エネルギーの発散が不十分
6.飼育されているご家族や母犬・同居犬の真似
7.飼い主の関心をひくための行動

この内の一つに限るということではなく、複数のものが原因となっている場合もあります。
また、最初は一つの理由から始まっていても、食糞をすることで犬自身がいい思いをして味をしめてしまうと、別の理由が加わって、食糞の癖がより強くなってしまいまうことがあります。食糞をした際に飼い主がかまってくれたり、大きなリアクションが得られたといった成功体験を与えてしまうと、犬は嬉しくて食糞を繰り返すようになってしまうのです。

犬の食糞の対処法(1〜4の原因)

では、犬が糞を食べるのをやめさせるにはどうしたらいいのでしょうか。
第一に、まずは原因となっているものを取り除くことが先決です。第二に、既に身についてしまった癖を解消させるよう試みます。

原因を考える上でまず気をつけなければいけないのは、病気につながるような原因ではないかということです。上記に挙げた1〜4である 食餌の量が足りない、食餌中の栄養素が足りない(偏っている)、食餌中の栄養素の分解や吸収が出来ない、認知症の4項目がこれに当てはまります。ただし、同様のことは疾患や治療(お薬)によっても起こり得ます。異常に痩せていたり、便や皮膚などの状態が慢性的に良くない場合には、なにかの病気を患っている可能性があります。ご家族の判断で食餌を変更したり量を増やしてみるのもいいですが、心配な場合には一度獣医師に相談しましょう。

病気の可能性が考えられる場合、食糞への対処に先んじてまずは病気の治療を行うことが優先になります。糞便検査や身体検査、場合によっては血液検査や内視鏡検査などが必要な場合もあります。こういった検査によって確かめるのは、感染症にかかっていないかどうか(寄生虫やウイルスによるもの)、栄養状態が正常か、消化管や消化・吸収機能に異常がないかなどです。
寄生虫の場合、一般的な糞便検査によって診断可能ですが、一部の寄生虫やウイルスの場合は特殊な検査が必要となりますので、動物病院でよく調べてもらうようにしましょう。

病気が見つからなかった場合には、まずは食餌の内容を見直していく必要があります。より消化吸収性の高い食餌に変更したり、不足しがちなビタミンなどをサプリメントや食餌の種類を変更することで補うとよいでしょう。食餌の量も、その犬の体重や活動性に合わせて定期的に調整していく必要があります。

犬の食糞の対処法(5〜7の原因)

上記に挙げた5〜7である エネルギーの発散が不十分、飼育されているご家族や母犬・同居犬の真似、飼い主の関心をひくための行動の3項目に関しては、各項目が複雑に関連しあっている場合が多く、原因を特定することは中々に難しいです。前提としては1〜4同様に、病気に関わるような原因でないことを確かめることが重要です。そして、それらの異常がなければ、腰を据えて原因を探り、適切に対処していきます。

では、各項目の原因と対処法について詳しく解説していきます。

エネルギーの発散が不十分な場合

子犬や若い犬に多く見られる原因です。簡単に言うと、暇をもてあました結果として食糞をしてしまうということです。お散歩が足りない、ヒトや他の犬と遊ぶ時間が少ないといった理由が考えられるので、まずは可能な範囲でこれらの時間をとりましょう。また、力いっぱい遊ぶときとそうじゃないときのメリハリも大切です。おうちの中で遊ぶ際も、遊ぶ時の合図などを決めるなどするといいでしょう。

ただ、どうしても若い犬の場合十分なエネルギー発散が出来ない場合もあるかと思います。その場合は頭を使わせることも効果的です。ヒトと遊ぶ際にも、なるべく頭を使う遊びをするように心がけたり、ペットショップなどで売っている知育玩具を使うことも有効です。
知育玩具にはさまざまなものがありますが、おやつを取り出す際に工夫を要するものは、犬が夢中になることが多くお勧めです。中に入れる餌の種類を変えて取り出しやすさを変えるなどすれば、取り組みの難易度をコントロールすることもできます。

使い方としては、例えばご家族が家事をしていて構ってあげられない時やお留守番をする際に、知育玩具を用意(できれば2〜5個程度)して、部屋のあちこちに置いておきます。そうすると、犬は一人でもエネルギーを発散することができます。玩具に夢中になっている時間はそう長くはないかも知れませんが、エネルギーを発散する手段として有効です。

飼育されているご家族や母犬・同居犬の真似をしている場合

母犬や同居犬が食糞をしてしまっていたり、ご家族が糞を片付けているのを見て、その真似をすることがあります。対処法としては、同居犬の食糞やヒトが糞を片付けているところを、極力見せないようにすることです。
とはいえ、犬が糞をするタイミングを見計らってずっと付いて歩くわけにはいきませんし、言うは易く行うは難しというのが実情でしょう。そのため、習慣を変えるための努力が必要です。

まずは、トイレトレーニングとトイレのタイミングをコントロールできるよう訓練しましょう。トイレは決まった場所にして、時間帯もなるべく決めましょう。そのためには排便するであろう時間になったら、犬が自主的に動く前に飼い主がトイレに連れていき、排便を促します。根気よくこれを繰り返して、たまたまでもいいので成功したときには大げさに褒めてあげます。成功して褒められるという成功体験が積み重なることで、「この時間(タイミング)にここ(トイレ)で排便をするとご家族が喜ぶ(自身もいい思いができる)」ということを覚えてきます。
次に、トイレの場所と時間がある程度予測できるようになってきたら、今度は犬が自主的にトイレをしたらすかさず褒めるようにし、可能であれば犬が褒められることに気をとられている間に、他のご家族が静かに糞を片付けますようにします。糞の処理に関しては、第一段階のトレーニングと同時に進められるとより効率的です。

犬に学習させることは、とても根気がいることです。また、ご家族の態度に一貫性がないと犬はすぐに混乱し、予想外のことを学習してしまったりしますので、ご家族全員の理解と協力が必要です。こう聞くととてもハードルが高いことに感じると思いますが、犬との豊かな暮らしはとても幸せなことですし、人と比べて遥かに短い犬の一生を少しでも幸せに過ごさせてあげるためにも、ぜひ前向きに考えて頂きたいと思います。

ご家族の関心をひきたくて行動している場合

上記の2つと通じる部分もありますが、「かまって欲しい」「気にして欲しい」という欲求から、食糞をする場合もあります。こういった時、ほとんどの場合はご家族がなんとか食糞させまいと大慌てで大きなリアクションをとりながら糞を片付けています。「あー!」「◯◯ちゃんダメだよ!」「こらこらこら!」と言いながら片付けていても、犬にとっては「家族の関心がひけた」「楽しんでくれているみたい」などと感じてしまうものです。

ヒトの感覚からすると、糞を食べてしまうことはとんでもないことなので慌ててしまいますよね。しかし、やめさせようと慌てれば慌てるほど逆効果です。糞を片付ける時は冷静に、静かに片付けましょう。犬が糞を食べる前に他のことで気を引き、その間に見えないところで静かに片付けるのが一番効果的です。トイレトレーニングと兼ねて上記のようなやり方で片付けましょう。

また、すでに食べ始めてしまっているところを発見した場合も、慌てて大きな声を出したりしないようにしましょう。ただしこの場合、トイレで排便できたことを褒めようとしても、犬は便を食べていることを褒められているものと勘違いしてしまいます。この場合はなるべく高い声を出さずに、ケージ入れるかトイレから遠ざけて放置するようにしましょう。これにより、食糞をしても構ってもらえないということを覚えてもらうようにします。
このトレーニングもまた、かなり根気のいるものです。繰り返しになりますが、何よりご家族全員の理解と協力が大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬の食糞症、意外と多い悩みだと思います。家庭の中での食糞であれば、食糞が原因で病気になることは多くありません。まずは、愛犬の食糞が病気が原因で起きているものではないかを確認し、他の原因についてもよく探りましょう。そして、それぞれの原因に合わせた対処法を試すようにしてください。
今回ご紹介したのは、あくまで一般的な対処法です。犬のそれぞれの性格や家庭の環境によって、より良い対処法があるかもしれません。犬の食糞症でお悩みの方は、動物病院で獣医師に相談してみましょう。

監修/大塚元貴(獣医師・かつまペットクリニック

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る