1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】犬がなりやすい「膿皮症」│原因と治療法、予防法について解説

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬がなりやすい「膿皮症」│原因と治療法、予防法について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬がかかりやすい皮膚病の一つ「膿皮症」。膿皮症は治ることの多い病気ですが、体質や環境によっては繰り返し起こり、なかなか治らないケースもあります。今回は膿皮症の症状や原因、治療法、予防法について獣医師監修のもと解説します。

犬がなりやすい皮膚病「膿皮症」とは?

ジャックラッセルテリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「膿皮症(のうひしょう)」とは?

膿皮症とは、犬の皮膚に常在しているブドウ球菌などの細菌が増殖することによって発症する、化膿性の皮膚病です。犬の皮膚は表皮が薄いため皮膚病にかかりやすく、その中でも膿皮症は、犬がもっともかかりやすい皮膚病の一つだと言われています。

膿皮症の原因とは?

前述通り、膿皮症は細菌が皮膚で増殖することにより発症します。犬において細菌が増殖しやすくなる原因としては、免疫力の低下、皮膚に与える基礎疾患がある場合、寄生虫疾患から二次的に引き起こす場合が考えられます。
また、体質に合わないシャンプーの使用や、過度のシャンプーなどが原因になることもあると言われています。

「膿皮症」の主な症状とは?

膿皮症になると、皮膚に発赤や発疹、膿疱(のうほう)が見られ、脱毛したり、かさぶたができたりします。かゆみが生じるため、犬がひっかくと症状が悪化するので注意が必要です。細菌感染の程度により症状はさまざまですが、背中やお腹、顔やワキ、股、指の間など全身どこでも現れます。

かかりやすい犬種や特徴はある?

膿皮症は、どの犬種でもなりうる皮膚病ですが、アトピー性皮膚炎などのアレルギーのある犬や、脂漏性の傾向にある犬は特になりやすいようです。また、ブルドックやパグ、ペキニーズなどの鼻の周りに深いひだを持つ犬種は、その部分に細菌がたまりやすくなるため、膿皮症になりやすいと言われています。

【犬の膿皮症】主な治療法は?

ポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

さて、犬がかかりやすい膿皮症ですが、実際にかかってしまった場合はどのように治療をするのでしょうか?

検査で原因を特定する

膿皮症の疑いがある場合、まずは原因菌を特定し、よく似た症状が出る他の皮膚病との区別をつけるために細菌の検査をします。検査方法は、皮膚の細菌を顕微鏡で観察するなどの方法が一般的です。基礎となる病気の存在が疑われる場合、血液でアレルギー検査や皮膚細胞の病理検査をすることもあります。

専用の薬用シャンプーと抗生物質による治療法

原因となった細菌が明らかになった後は、それに合わせた抗生物質の投与と、専用の薬用シャンプーによって治療を行うことがほとんどです。

膿皮症は、きちんと抗生物質を飲ませてシャンプーも続ければ、治ることの多い病気です。しかし、犬の体質や原因によっては症状が長引いたり、発症を繰り返したりすることも。そのため、症状が良くなったからといって抗生物質やシャンプーを中断せずに、獣医師の指示に従って最後まで続けることが大切です。

【犬の膿皮症】予防法あるの?

シャンプー中のミニチュアダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

治ることが多いとは言え、愛犬がかゆくて辛い思いをするのはかわいそう。そこで気になるのは膿皮症の予防方法です。膿皮症にさせないためにはどのような予防方法があるのでしょうか?

環境を最適かつ清潔に保つことが大切

愛犬が過ごす室内が高温多湿になると、膿皮症の原因となる細菌が繁殖しやすくなります。そのため、高温多湿になりやすい初夏から秋は、室内の温度や湿度をエアコンで調整してあげましょう。また、不衛生な環境もよくありません。人と一緒に過ごすリビングなどはもちろん、犬のプライベート空間ともいえるクレートやケージの中なども、毎日掃除するように心がけることが肝心です。

食事を見直す

免疫力を高め、膿皮症にかかりにくくするためには、毎日の品質の良い食事も重要です。今の食事がライフステージに合っているのか、栄養バランスに優れた総合栄養食のドッグフードを与えているのか、今一度見直しをしてください。もしアレルギーもある場合は、かかりつけの獣医師に相談し、アレルギー用のドッグフードを出してもらうのもよいでしょう。

シャンプーの回数に注意

皮膚を清潔に保とうとするあまり、頻繁にシャンプーをしてしまうのはNG。シャンプーのし過ぎは、皮膚を守るために必要な皮脂まで、洗い流してしまいます。過剰な皮脂分泌も皮膚病の原因になりますが、皮膚を守るためにはある程度の皮脂が必要となるので注意しましょう。

犬種や飼育環境によっても異なりますが、シャンプーは月に1~2回の頻度で行うのがおすすめです。菌が繁殖しやすい夏場は2週間に1回、空気の乾燥する冬場は3~4週間に1回を目安にするとよいでしょう。

体質に合ったシャンプー選びも大切

洗浄力の強すぎるシャンプーで洗うと、常在菌まで洗い流してしまうことがあります。また、皮膚がカサカサになってフケが出ることもあります。なるべく肌に優しいシャンプーを使うようにしましょう。ほかにも、毎日のブラッシングは犬の皮膚を清潔に保つためには欠かせません。なるべく毎日行うように心がけてください。

膿皮症は繰り返すことも!しっかり予防するのが大事

膿皮症は治ったと思ったらまた再発したり、なかなか治らないと悩んだりする飼い主さんも少なくありません。膿皮症になると犬に負担をかけるだけではなく、治療の時間や費用もかかるので、なるべく膿皮症にかからないようにしてあげたいですね。今回ご紹介した内用を参考にしてみてくださいね。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「病気・症状データベース(膿皮症)」

参考/『いぬのきもち』WEB MAGAZINE「犬の病気・症状データベース(膿皮症)」
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る