1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ブラッシング用品の違い、知ってる?愛犬にぴったりのものを選ぼう!

ブラッシング用品の違い、知ってる?愛犬にぴったりのものを選ぼう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬にブラッシングをするとき、どんなブラシを使えばいいのか悩んだことはありませんか?ワンちゃん用のブラシにも種類が多くあり、毛の長さや用途などで使い分け方も違ってきます。今回は、一般的に使われているさまざまなブラシの特徴についてご紹介します!

長毛種のワンちゃんにおすすめなブラシ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ピンブラシ

長毛種の毛のワンちゃんにおすすめなのがピンブラシです。人が使うブラシによく似た見た目で、長く繊細な毛をもつワンちゃんの毛を整えるのに適しています。おうちでシャンプーをするワンちゃんであれば、ドライヤーを当てたあと、このブラシで最後の仕上げをしてあげると毛流れがキレイに整いますよ。

ブラシに付いた長いピンは、抜け毛を取り除いて、もつれた毛をほどくことも。ピンの付け根であるラバークッションでは、ブラッシングによるマッサージ効果も期待できます。

コーム

コームは、短毛種以外のワンちゃんに適した“くし”です。1本に荒い目と細かい目の両方が用意されていることも多く、日常的なお手入れには最適。子犬のうちなら、これだけで十分なこともありますよ。毛玉を取ったり、カットするときに毛を立たせるために使ったりもしますが、無理にとかすのは禁物です。目がとがっているため、優しくとかしてあげましょう。

短毛種のワンちゃんにおすすめなブラシ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

獣毛ブラシ

毛が短いワンちゃんにおすすめなのが、獣毛ブラシです。獣毛ブラシとは、その名前の通り「動物の毛」を使用したブラシです。獣毛ブラシは弾力があるため、とかしてもワンちゃんが痛がりにくく、体の表面の毛を払うと同時に毛ヅヤのアップにも効果的。ピンブラシやコームのように、もつれた毛をほどくというよりは、毛ヅヤをアップさせる意味合いが強いブラシでしょう。

ラバーブラシ

ラバーブラシはピンまでゴムでできているブラシ。毛をよく吸着してくれるため、短毛種のワンちゃんの抜け毛や抜けかけの毛を払う時に適しています。ピンが柔らかく、肌へのあたりがソフトなので、ワンちゃんへの刺激も少ないのも特徴です。

短毛種のワンちゃんは、ラバーブラシで抜け毛処理などのお手入れをしたあと、獣毛ブラシで毛ヅヤをアップさせてあげるとキレイに仕上がりますよ。

長毛・短毛両方に使われる一般的なブラシ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

スリッカーブラシ

スリッカーブラシは細いピンが密集していて、ワンちゃんをとかすと一回でたくさんの抜け毛が取れるブラシです。効率的で使いやすいことから、長毛種・短毛種問わず、ワンちゃんのブラシとして幅広く使われています。

スリッカーブラシは、もつれた毛や毛玉をほぐすのに適しています。また、抜けたまま体にとどまっている毛もキレイに取り除いてくれます。シャンプー後のドライ中、毛を伸ばすときに使われることもあります。

ワンちゃんの毛の特徴にあったブラシを使うことで、ブラッシング作業もスムーズにおこなえそうですね。ブラッシングはワンちゃんの皮膚病予防などにもつながるので、ストレスのないようにこまめにおこなってあげましょう。

参考/「いぬのきもち」特別編集『犬との暮らし大事典』(監修:「Can! Do! Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/kate
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る