1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の体について理解を深めよう|「犬の体」と「人の体」の4つの違い

犬の体について理解を深めよう|「犬の体」と「人の体」の4つの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の体について、みなさんはどのくらい知っていますか?愛犬歴は長いけど、実はそんなに…なんて人も多いはず。今回はそんな飼い主さん必見、「犬の体」と「人の体」の4つの違いについて解説します。「人の基準」で犬の健康を考えるのは、実はキケンにつながることもあるんです。

その1:犬の生理と人の生理は全く違う!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

未避妊のメス犬は、年に1~2回「発情期(ヒート)」が訪れ、そのサインとして血のようなおりものを分泌します。この現象を「生理」と呼ぶ人が多いため、犬にも人と同じく月経があるものと思われがち。しかし、その仕組み(目的)は全く異なり、このおりもののニオイが、オスをひきつける役割を果たすのです。

ちなみに、ヒートの後に交配がないと、犬によっては「偽妊娠」する場合もあります。この偽妊娠を「生理痛」や「PMS(月経前症候群)」と勘違いする飼い主さんもいますが、そもそも生理ではないので全くの別物なのですよ。

その2:成人の歯と成犬の歯の本数は違う!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

人の永久歯の数は32本で、親知らずを抜くと28本になりますが、犬の永久歯は42本もあります。また、犬の乳歯は全部で28本。犬種や個体によって違いはありますが、生後8週間ほどで乳歯はすべて生えそろい、その後、7カ月~1才のころに永久歯に生え変わります。

犬も人と同じように、歯の健康と体の健康は深くかかわっています。永久歯は一度抜け落ちたら生え変わることはないので、しっかりとケアしてあげることが大切です。

その3:犬の平熱は人と比べて高い!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

犬の平熱は38.5度程度だとされています。興奮したり運動したりすると若干高くなりますが、それでも39.5度を超えなければ発熱とは言いません。人と比べるとかなり平熱が高いと言えますよね。

犬の体温は、肛門に体温計をさし込み、直腸まわりの温度を測る方法が一般的です。人用の体温計は先が硬くて腸を傷つける恐れがあるため、動物専門に作られたゴム製のものがおすすめです。

その4:犬の血液型は人とは違う分類の仕方

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

人の血液型は、A・B・O・ABという分類をしますが、犬の場合は「DEA式」という方法で分類されるのが主流です。これは、赤血球の表面に存在する抗原の種類によって分類されている方法で、国によっては13種類もの血液型が存在するのだそうですよ。ちなみに、人と犬は抗体が全く違うため、輸血は不可能です。

犬と人は全く違う生き物と理解しよう!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

このように、犬と人の体の仕組みは大きく異なります。ごくまれに「愛犬が風邪っぽいのだけど、人用の風邪薬を飲ませてもいい?」という飼い主さんがいますが、これは絶対にやめてください。人用の風邪薬を「人の基準」で犬に投与すると、錯乱状態や頻脈などの症状が出るケースも確認されており、最悪の場合は死に至ることもあるため、非常に危険です。

犬の体に関する理解を深めることは、愛犬を深く理解することにつながります。ぜひ、今回ご紹介した「犬と人の体の違い」を参考にしてくださいね!

参考/「いぬのきもち」2018年6月号「しつけ 健康管理 お世話 今さら聞けない!○○の仕方、こっそり教えます!」(監修:練馬テイルズ動物病院 院長 石川朗先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る