1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 帰宅時のうれション防ぐには?愛犬の留守番に関する疑問にプロがお答え◎

帰宅時のうれション防ぐには?愛犬の留守番に関する疑問にプロがお答え◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を飼い始めたばかりの人にとって、愛犬のお留守番に関する心配事や不安はつきものです。そこで今回は、初心者飼い主さんにおすすめしたい「いぬのきもち」によせられた犬のお留守番に関する質問と、しつけの先生による回答をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Q:お留守番中は必ずサークルに入れないとダメ?

トイプー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

A:必ずではないけれど…

飼い主さんがいない状況でフリーにしていても問題のない犬の場合は、必ずしもサークルに入れる必要はありません。ただし、フリーにしているスペースには、愛犬のケガや誤飲・誤食の原因になるものは一切置かないようにするなど、細心の注意が必要になります。
どのような犬でも、サークルに入れてお留守番させる方が「安心」といえるでしょう。

Q:私が帰宅すると「うれション」します。どうしたらいい?

ミックス犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

A:大きく反応せずにクールな対応を

帰宅した際、犬が興奮しているときにかまったり、「うれション」したときに大きく反応したりしていませんか?もうしそうなら、興奮しているときは無視を徹底して、粗相(そそう)は淡々と片付けるようにしましょう。このようにクールに対応することで、興奮したり粗相したりしても「飼い主さんはかまってくれない(何もいいことがおきない)」と、愛犬に覚えさせることが大切ですよ。

Q:愛犬が留守中に排泄しないのはなぜ?

ハウスが上手
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

A:外で排泄する方が好きなのかも

愛犬は外で排泄する方が好きなのかもしれませんね。もしそうなら、飼い主さんが帰って来てからお散歩に行って排泄するつもりで、それまで我慢している可能性が考えられます。帰宅後、お散歩の前に室内で排泄させるようにすると、お留守番中にも排泄できるようになるかもしれませんよ。

Q:粗相やイタズラなど、普段しない失敗を留守番中にだけするのはなぜ?

イタズラ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

A:不安や退屈を感じているのかも

愛犬にとってお留守番中の環境が安心できるものではなく、不安だったり退屈だったりするのでしょう。まずは、お留守番中の環境を見直してみる必要があります。サークルに入れないでフリーにしている場合は、自由なスペースが広すぎて犬によっては落ち着かないことも。区切られたスペースを作って、そこで過ごさせてみるといいかもしれません。

Q:WEBカメラで見ていると愛犬は留守番中ずっと寝ているけど大丈夫?

おやすみ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

A:ぐっすり寝ているのは安心している証拠


飼い主さんが帰っても元気がなくてぐったりとしているのなら、病気などの心配もありますが、お留守番前のお散歩や遊びで疲れて寝ているのなら、何も問題はありません。むしろ安心してリラックスして過ごしている証拠なので、理想的なお留守番スタイルといえるでしょう。

今回は、5つのお留守番に関する質問をご紹介しました。初心者飼い主さんの場合、「愛犬をお留守番させてかわいそう・・・」と思う人も少なくありません。もしもそう思うのなら、少しでも早起きしてお散歩や遊びの時間を作ってあげましょう。お留守番の前に適度に疲れさせて、快適な環境を整えてあげれば、飼い主さんももっと外出を楽しめるようになるはずですよ♪

参考/「いぬのきもち」2016年6月号『前後の飼い主さんの対応と環境で差がつく 愛犬を安心させる留守番 不安にさせる留守番』(監修:ジャパンケネルクラブ 日本警察犬協会および日本動物病院協会認定インストラクター 戸田美由紀先生)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る