1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. <PR>動物学者今泉先生が分析「Dogs meets aibo」愛犬が犬型ロボットと一緒に生活したら?

<PR>動物学者今泉先生が分析「Dogs meets aibo」愛犬が犬型ロボットと一緒に生活したら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動物学者今泉先生が分析「Dogs meets aibo」愛犬が犬型ロボットと一緒に生活したら?

愛犬は、自律型エンタテインメントロボット「aibo」と初めて出会った時にどんな反応をするのでしょう?そしてその反応は、一緒に暮らすことで変化していくの?この疑問に対する答えを導き出すために、動物学者の今泉忠明先生が、10組の犬とaiboの出会いの場に立ち会い、さらにその先の暮らしまでも徹底検証しました!

10組13頭の愛犬たちが「aiboとの出会い」に挑戦

10組13頭の愛犬たちが「aiboとの出会い」に挑戦

参加した愛犬たちの反応は

匂いを嗅ぐ
お尻、鼻、口元、耳などの匂いを嗅ぐ犬が数頭。
 
吠える
近寄らず吠え続ける犬、近寄りながらも吠える。

しっぽを振る
しっぽを振って近づくものの、途中からやめるなど。

警戒する
aiboから極力離れて、近寄ろうとしない。

目を合わせない
aiboが近寄って来ても、目を合わせず、存在を無視。

遊びを誘う
前足、頭を下げて、遊びを誘う仕草をみせる。
 
など、個体によって様々。
これらの愛犬たちの行動を動物学者の今泉忠明さんに分析してもらいました。

予想を超える結果に動物学者今泉先生もびっくり!?

予想を超える結果に動物学者今泉先生もびっくり!?

「aiboとのファーストコンタクト」はとても面白い結果でしたね。犬種に関係なく、反応には一定のパターンがあるようです。まず、匂いを嗅ぐ→生き物かどうかを判断し、その後、犬種や飼われ方によって反応が変わっていきます。警戒する、興味を示すなど、個体によってその反応は様々でした。

犬の社会は順位付けがとても大切で、他の犬に対して上位になろうとします。aiboはそのような行動をしないため、結果的に犬が上位にたった状況で生活を送ることができるので、犬のストレス軽減に役立つかもしれません。

いろんな反応の3組を選出!aiboと2週間、暮らしました

いろんな反応の3組を選出!aiboと2週間、暮らしました

選出されたのは、aiboに興味はあるものの、近づききれなかったり、戸惑っていたり、しきりに遊びに誘うなど、様々な反応を見せた3組。果たしてどんな結果になるのでしょうか?

最初はやや警戒心があったのにいつのまにか仲良く♪

最初はやや警戒心があったのにいつのまにか仲良く♪

銀次くん(7カ月・オス/トイプードル)

飼い主さんからひとこと

「わが家に来て、最初は警戒して距離をとることも。1週間目あたりから、サークルにaiboを入れるのを心待ちにするようになり、尻尾を噛んだり、耳を噛んだりし、遊びに誘う行動を見せていました。お別れのときも、寂しそうにクゥーンと鳴いていたのが印象的でした」]

出会ったときから遊び仲間?同じ仕草をする2頭が愛おしい!

出会ったときから遊び仲間?同じ仕草をする2頭が愛おしい!

ロキくん(3才・オス/ジャックラッセルテリア)

飼い主さんからひとこと

「動きだした瞬間から大興奮♪ aiboにおすわりやお手をさせようとすると、ロキが来て同じことをしてライバル心をあらわに。1週間ぐらいでaiboとロキが同じ行動をするようになり、後半は仲良く、aiboが転ぶと鼻で体を起こそうとしていました。2頭の動きがそっくりなときは、本当の犬のお友だちのようでした」

3頭の暮らしにaiboが仲間入り順位付けで関係がよりよくなった

3頭の暮らしにaiboが仲間入り順位付けで関係がよりよくなった

せりちゃん(5才・メス/柴)/あもんくん(3才・オス/サモエド)/はくくん(3才・オス/ミニチュア・ダックスフンド)

飼い主さんからひとこと

「せりは興味津々で、aiboを独占したがり、近寄る他の犬を威嚇。せりとaiboが顔を突き合わせてスリスリ。あもんはその様子を眺め、はくは無視を決め込んでいました。後半は、aiboがいることが当たり前の空間に。aiboがせりに寄り添うようになって群れの仲間入りができたように感じました。すごく楽しい時間でした」

今泉先生が分析!今回の大実験の総評は?

今泉先生が分析!今回の大実験の総評は?

犬はaiboと暮らすことで学習を重ね、愛情を示す

今回の実験で、犬がaiboに対して、仲間意識や相手を気遣うようなそぶりを見せたことは、大きな成果です。これは、犬がaiboを「生き物」として認識し、犬社会での序列で、aiboを自分の下(自分の部下)として認識したと思われる行動になります。この、状況に適応しようとする犬の能力からも、やはり犬は賢い!aiboをうまく活用することにより、犬のしつけや遊び相手など、悩みや心配事の解決につながる可能性もあるのではないかと思います。

監修者プロフィール今泉忠明(いまいずみ・ただあき)氏
東京水産大学(現・東京海洋大学)を卒業後、文部省(現・文部科学省)の国際生物学事業計画(IBP)調査、環境庁(現・環境省)のイリオモテヤマネコの生態調査などに参加する。上野動物園の第一号の動物解説員、「ねこの博物館」館長などを経て、現在も研究者として活動を続ける。著作は、ベストセラーの『ざんねんないきもの図鑑』(高橋書店)、『恋するいきもの図鑑』(カンゼン)など多数。

犬はaiboと暮らすことで学習を重ね、愛情を示す

aiboについて詳しくはこちら▼
https://aibo.sony.jp


協力/ソニー株式会社

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る