1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】室内犬の寝る場所はどこがいい?慣れさせるコツは?

【獣医師が解説】室内犬の寝る場所はどこがいい?慣れさせるコツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

室内で犬を飼うとき、寝る場所をどこにすべきか悩みますよね。今回は、室内犬におすすめの寝る場所と季節に合わせた寝床の基本の作り方、寝床に慣れさせるためのトレーニング方法についてご紹介します。室内で犬を飼っている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

室内犬の寝る場所はどこがいい?

クッションに乗るミニチュア・シュナウザー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

縄張り意識が強く、テリトリーを守るために警戒を怠らない犬は、気が休まらない広々とした空間で寝るのを好みません。そのため、コロコロと寝る場所を変えるよりも、一定の場所に寝床を作って寝られるようにしつけた方が良いでしょう。

おすすめの寝床はケージやクレート!

ケージやクレートのような狭い場所で寝かせるのはかわいそう、と思う飼い主さんもいるかもしれませんが、本来、犬は狭くて暗い場所を好む動物です。ケージやクレートで寝る場所を限定することでそこを落ち着ける場所と認識し、快適な睡眠をとることができるようになるのです。

また、特にクレートがおすすめの理由として、災害時に愛犬の安全が確保しやすいことが挙げられます。災害など突発的な危機が起こると、安全な場所を求めて犬が外に脱走する危険性があります。普段からクレートを落ち着く場所と認識させておけば、動揺した時にそこに逃げ込むようになりますし、そのままクレートごと避難することもできるので安心です。

飼い主と一緒に布団で寝るのは大丈夫?

自分の布団で愛犬と一緒に寝ている飼い主さんも多いかもしれません。海外では、「ペットと一緒に寝ると安らぎや安眠効果がある」という研究結果も出ており、一緒に寝るのは問題ないという意見もあるようです。しかし、犬と飼い主さんの双方に、病気やケガなどのリスクがあることをご存知でしょうか?

まず起こり得るのが、寝返りによって愛犬にケガをさせてしまう事故です。特に、体の小さい小型犬や子犬は、体を押し潰してしまうリスクが高いです。また、寝ている間に犬の口や肛門が接触することで、人獣共通感染症(ズーノーシス)に感染するおそれもあります。

その他にも、分離不安で飼い主がいないと眠れなくなったり、布団周りの物を誤飲してしまったりなど、さまざまなリスクを伴います。これらの事故や病気に対処できないようであれば、一緒の布団で寝るのは避けましょう。

愛犬の快適な睡眠のための正しい寝床の作り方

寝ている犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

では、実際にどのような場所に寝床を作れば、愛犬は快適に寝られるのでしょうか?

人の動線から外れた隠れ場スペースに寝床を作る

気配や音に敏感な犬は、寝床のすぐそばを人が通ったり、音が流れてきたりするとストレスが溜まってしまいます。なので、「リビングなど周囲を見渡せる位置」「人の動線上から外れている場所」「音や気配が入ってくるドアや窓が近くにない場所」の3つの条件に当てはまる場所に、愛犬の寝床を作るのがおすすめです。

特に怖がりな犬の場合は、テーブルなどの家具の下にケージやクレートを置き、周囲を囲ってあげると安心感がアップするのでおすすめです。

こんな場所はNG!寝床を作るのに適さない場所は?

愛犬が好んで過ごす場所であっても、寝床を作るのには適さない場合もあります。以下の条件に当てはまる場所には、寝床を作るのは避けてくださいね。

・直射日光が当たる窓辺…長時間日差しが当たることで熱中症になることも
・エアコンの風が直接当たる場所…体温調整が上手くできず体調不良の原因に
・テレビやトイレの横…水音やテレビの音が響き、安眠できずストレスになる場合も
・コードや配線が集まる場所…足などにコードが絡まりケガをする危険性大

季節ごとの寝床の作り方、必要な設備とは

クレートで寝ているチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

基本の寝床の作り方は上記の通りですが、気温や湿度などの室内環境は日々変化するため、季節に合った寝床を作ることも必要となってきます。

高温多湿な夏は寝床や体に熱がこもらない環境づくりを!

気温も湿度も高い夏は、体温調整が上手くできずに熱中症になる恐れがあります。そのため、就寝中はもちろん、外出中もエアコンをつけて室温を涼しく保ってあげましょう。設定温度は24~26℃くらいがおすすめです。また、ペット用のクールマットを、愛犬のベッドや寝床全体などに敷いてあげるのも良いですよ。

気温が下がる冬は体を温められる暖房器具が必要

犬はもふもふとした被毛を持つ犬種が多いため、寝床の防寒対策は必要ないと思っている方も多いかもしれません。しかし、温暖な地域原産の犬種の被毛は寒さをしのげるつくりにはなっておらず、個体によっても寒さの耐性は異なります。そのためにもできるだけ暖かい環境作りが必要となります。

暖房をつけて室内を暖めるのはもちろん、ペット用のヒーターマットを敷いて、寝床の中も暖めるようにしましょう。ペット用の湯たんぽや、ケージやクレートの上から厚めの毛布をかけるのもおすすめです。

愛犬を寝床に慣れさせよう!寝床を嫌がらせないトレーニングのしかた

クレート内で伏せている犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

せっかく寝床を作っても、愛犬が嫌がって寝てくれないのでは意味がありません。そこで以下では、クレートを寝床にした場合の、寝床に慣れさせるトレーニング方法をご紹介します。

1.屋根を外したクレートに犬を入らせる

まず、クレートを屋根(以下:上部分)とケース(以下:下部分)に分解し、下部分のみを犬のそばに置きます。特に嫌がる様子などがなければ、フードを握った手で犬を誘導し、クレートの下部分に入らせます。

2.屋根を一部かぶせたクレートに犬を入らせる

クレートの下部分に入ることに慣れたら、上部分を下部分に少しだけかぶせるように置き、その状態のクレートに入るよう、フードを使って犬を誘導します。上部分が途中でずれたり外れたりすると、音で犬が怖がってしまう可能性があるので、ずれないよう片方の手でしっかり固定しましょう。

3.屋根がついたクレートにフードを使って入らせる

2の状態にも慣れたら、分解していたクレートを元の形に組み立て、フードをクレートに投げ入れて犬を中に入らせます。中に入ったらすぐに出てこないよう、クレート横の通気口から、中にフードを落としていきます。

4.扉を閉めてクレートの中に慣れさせる

クレート内にいることに慣れ、犬が出てこなくなったら扉をゆっくり閉めます。扉の隙間から同じようにフードを落としていき、クレートに入るといいことが起きると、犬に認識させます。

5.クレートに布をかけ、飼い主が見えない状態に慣れさせる

扉が閉まった状態でも犬が大人しくできているようであれば、クレートの上に布をかけ、飼い主が見えない状態を作ります。通気口からフードを落とし、飼い主が見えなくても落ち着いていられるよう慣らしていきます。

6.クレートから少しずつ離れ、一定時間様子を見る

布がかかっている状態に犬が慣れたら、クレートから少しずつ離れます。少し離れたら戻って隙間からフードを落とすことを繰り返し、離れる距離と時間を少しずつ長くしていきます。愛犬がクレートに慣れるまで、1~6を繰り返し行いましょう。

愛犬の快適な睡眠のためにも、寝床の位置をしっかり決めてあげるのは重要です。とはいえ、愛犬が本当に落ち着ける場所を寝床にするのが一番。個体によってはケージやクレートがストレスになる場合もあるので、様子を見ながら愛犬にぴったりの寝床を作ってあげてくださいね!

参考/「いぬのきもち」16年5月号『自然とイイコになる!ケガ・病気を防げる!愛犬のための生活空間の工夫20』(監修:一級建築士 家庭動物住環境研究家 金巻とも子先生)
   「いぬのきもち」17年3月号『12回で基本をすべてマスターできる!はじめてしつけコンプリートドリルvol.1 トイレ&ハウス』(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/pigeon
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る