1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ドッグフード選びのお悩みQ&A!愛犬の健康にいいのはどれ?

ドッグフード選びのお悩みQ&A!愛犬の健康にいいのはどれ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

味や機能、原料など、バリエーションが豊富なドッグフード。一体どれを選べばいいのか、迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?今回は、よく目にする表記の意味や目的についてQ&A形式で解説するので、ぜひフード選びの参考にしてくださいね。

Q.機能性フードに治療や予防の効果はあるの?

ごはん中のカニーンヘン・ダックスフンドのナツくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

A. 病気の治療や予防のために作られたものではない

機能性フードとは、犬の健康を管理するうえで気になるポイントに応じて栄養バランスなどに配慮したもので、「〇〇に配慮」「〇〇の健康」といった記載があります。病気の治療や予防を目的としたものではないので、病気の疑いがある場合や愛犬にあったフードが知りたい場合は、まず獣医師に相談してみましょう。愛犬の健康状態によって必要な栄養が異なるため、定期的に健康診断などを受けることも大切です。

Q.「グルテンフリー」「グレインフリー」って?

ごはんを待っているゴールデン・レトリーバーのMaxくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

A. 麦類や穀物が入っていないフードのこと

「グルテン」とは、小麦などの麦類に含まれるたんぱく質の一種。このグルテンに対するアレルギーがある犬のために、原材料に麦を使用しないフードのことを「グルテンフリー」と呼ぶことがあります。
同様に「グレインフリー」とは、麦だけではなく広く穀物(=グレイン)を原材料に使用しないことを指すようです。穀物にアレルギーがある場合には、そういったフードも選択肢の1つになるかもしれません。

ただし、食物アレルギーのアレルゲンはさまざまで特定も難しいため、気になる場合は動物病院でしっかり診断・相談することをおすすめします。

補足:フードに含まれる穀物と消化について

犬は本来穀物を食べない動物のため、避けたほうがいいのではないかと疑問に思う飼い主さんもいるようです。しかし、ドッグフードに含まれる穀物は、加熱によって消化されやすい構造になる「アルファ化」という現象が起きており、犬でも問題なく消化できることが実証されているのですよ。

Q.「ナチュラル」「オーガニック」なフードのほうが体にいいの?

もうすぐごはんのトイ・プードルのチーズくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

A. あくまで参考指標の1つと考えて

「ナチュラル」「ネーチャー」といった表記は、化学的に合成した原材料・着色料を使用していないフードに記載を許可されたものです。ただし、フードに含まれる添加物等は、一生食べ続けたとしても大丈夫なように使用量が定められています。そのため、「ナチュラル」だからそうでないものより優位である、というわけではありません。
また、「オーガニック」や「有機」といった表現は、特定の農薬を使用しない原材料で作られていることを示します。これは、あくまでも製品の作り方を説明するものであり、品質や安全性を保障するものではないことを知っておきましょう。アメリカやオランダなどの国では認定がありますが、日本の規約では基本的に表記が認められていないようです。

つまり、「ナチュラル」も「オーガニック」も、素材にこだわりたいときの参考指標の1つとして考えればよいでしょう。

フード選びで最も大切なのは、愛犬の健康状態にあった、適切な栄養バランスのフードを見極めることです。犬の成長と健康維持を考えた総合栄養食を基本とし、獣医師への相談や定期的な健康診断をあわせて行うことで、愛犬の健康をサポートしていきましょう。

参考/「いぬのきもち」2017年11月号別冊『ドッグフード大事典』(監修:ヘリックス株式会社代表取締役社長 ペット栄養学会理事 ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長 獣医師 徳本一義先生)
文/nekonote
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る