1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 寒くても愛犬のお散歩はするべき? 冬の正しいお散歩を解説!

寒くても愛犬のお散歩はするべき? 冬の正しいお散歩を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬は比較的寒さに強い動物だといわれていますが、冬のお散歩も他の季節と同じように行って大丈夫なのでしょうか?今回は、寒い時期のお散歩に関する4つの疑問を解説!冬に備えて、今のうちにお散歩方法を見直してみましょう。

日によって散歩の時間を減らしてもいいの?

ポメラニアンのきなこちゃん、お散歩中♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は比較的寒さに強いといわれていますが、それでもやはり個体差はあるもので、寒さが苦手な犬ももちろんいます。寒がりな愛犬が散歩を嫌がる場合は、無理にいつもと同じ量の散歩をしなくてもOKです。
しかし、散歩の量が増えるとその分筋肉量も増えるので、寒さへの耐性がUPします。日当たりの良い時間帯とルートを選んで、少しでも散歩に出てくれるように促しましょう。

散歩の際に防寒対策は必要?

パグのココちゃん、クマさんになっちゃった!?
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

室内で飼育している犬は、一年中快適な気温で過ごしているようなものなので、寒さへの耐性が少ない傾向があるのだとか。家の中と外の寒暖差が大きい場合、犬の体に負担がかかってしまうこともあります。寒い日はすぐに外に連れて行かず、しばらく玄関で寒さにならしてから出かけるようにすると、愛犬の体にかかる負担を軽減できます。

健康な犬なら少し寒くても散歩すべき?

ふわっふわ♪ポメラニアンのモチちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

散歩などの運動でエネルギーを消費すると、筋肉が熱を作って体がぽかぽかになります。筋肉量が増えると寒さへの耐性もUPするので、愛犬が健康であればしっかりと散歩に連れて行ってあげましょう。
ただ体にいいからといって、シニア犬や持病がある犬に無理をさせるのは禁物です。外の状況や気温、愛犬の体調を見ながら、無理のない範囲で散歩に連れて行きましょう。外に行くのが難しいと判断したら、お散歩をお休みするのもOKですよ。

帰宅後寒がっても何もしなくて大丈夫?

チワワのナッツちゃん、毛布でぬくぬく♡
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

散歩から帰宅しても愛犬が寒がっていたら、何か対策をしてあげましょう。冷たい体のまま放っておくと、愛犬が体調を崩してしまう場合もあります。
足・耳の先・しっぽなどを触ってみて、冷たかったら要注意。ホットタオルなどで温めてあげてください。使用するホットタオルは、人肌程度の温かさで。ごしごししたり押しつけたりはせず、足の裏などに優しく押し当てるようにすれば大丈夫です。

毎日のお散歩も、冬場は少し注意が必要ですね。寒い日の散歩は飼い主さんも大変ですが、可愛い愛犬と一緒に、元気に冬を乗り越えましょう!

参考/「いぬのきもち」2017年12月号『寒い季節に必要なことが○×でわかる!愛犬ぬくぬく冬支度』(監修:ノヤ動物病院院長 野矢雅彦先生)
文/higarina
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る