1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬から信頼してもらうための工夫 何気ない飼い主さんの行動がポイントだった

愛犬から信頼してもらうための工夫 何気ない飼い主さんの行動がポイントだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わんちゃんのしつけって、うまくいくかどうか不安になりますよね。
じつは、わんちゃんと接するとき、ほんのちょっと工夫することで、しつけの効果を高めることができるんです!

うまくいっている飼い主さんは皆やっている、“しつけのコツ”を学んで、わんちゃんに信頼される飼い主さんになっちゃいましょう!

「オアズケ」をさせない

わんちゃんにゴハンを出して、「マッテ」をさせたことがある飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、長すぎる「マッテ」は、わんちゃんにとってただの「オアズケ」

わんちゃんに「オアズケ」をしてしまうと、飼い主さんとわんちゃんが目と目を合わせるしつけ「アイコンタクト」ができなってしまうことがあります。
ゴハンは長く待たせる必要はないので、一瞬でも落ち着いたらOKを出してあげましょう。

無理やりなお手入れをしない

わんちゃんにとってお手入れは、「拘束される」、「痛い」などイヤ~なことばかり。
うまくいっている飼い主さんは、“わんちゃんは本能的に苦手”ということを知っているので、無理やりお手入れしません。
お手入れをするときは、フードやおやつを与えながらわんちゃんの気をそらして行いましょう。

また、わんちゃんが気にしすぎるようなら、一度にすべて行わないのもアリです。
わんちゃんの気をそらしながら、何回かにわけてお手入れしましょう。

わんちゃんを叱ったり、たたいたりしない

わんちゃんの知能は、人で例えると“3才児未満”と言われています。
「オスワリ」などの合図には反応できますが、言葉の意味や会話まではなかなか理解できません。

わんちゃんが指示どおりに行動しなかったからと言って、言葉で叱ったり諭しても効果はありませんし、叩くなどの暴力もしつけにはなりません。
わんちゃんとの信頼関係が崩れ、攻撃的な性格になってしまう恐れがあります。

くわえているものを奪い取らない

わんちゃんがくわえているもの無理やり取ろうとしたことはありませんか?
強引に取ろうとすると、わんちゃんに噛まれる危険があります。
ふだんから、わんちゃんがくわえたものを自主的に離す指示語の「チョウダイ」を教えておきましょう

「チョウダイ」を覚えていないわんちゃんが危険なものをくわえてしまった場合は、フードやおやつのニオイをかがせて、くわえたものと交換します。
だだし、くり返すうちにわんちゃんが学習して、フードやおやつをもらうことをめあてに、危険なものをくわえるようになるので、何度もやらないようにしましょう。

いかがでしたか?
しつけがうまくいくかどうかは、飼い主さんの腕次第。
今回紹介したコツを押さえて、わんちゃんとの絆を深めてくださいね♡

参考/「いぬのきもち」2018年10月号『しつけがうまくいっている飼い主さんがしていること・していないこと』(監修:西川文二先生)
写真/殿村忠博
文/UTAにゃん

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る