1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 食べると命に関わる! 犬が絶対に食べてはいけない食べ物・飲み物

食べると命に関わる! 犬が絶対に食べてはいけない食べ物・飲み物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人には健康的な食べ物でも、犬に与えると命に関わるような食材も数多く存在しています。ふだんの生活のなかで、人の食べ物をほしがる犬がかわいくて、うっかり与えてしまいそうになったときには要注意。今回は犬に絶対与えてはいけない食べ物・飲み物をまとめました。

犬に与えてはいけない【野菜・果物編】

野菜とテリア

人はおいしくいただける野菜や果物でも、犬にとっては危険なものもたくさんあります。できる限り知識をつけておいて、誤食を防ぎましょう。

とろろいも・長いも

粘り気のあるとろろいもや長いもは、口の周りにつくとかゆみが出てしまうおそれがあるため、与えないようにしましょう。

玉ねぎ・長ねぎ

赤血球を破壊してしまうため、最悪死に至ることもあります。また、玉ねぎ・長ねぎが含まれる調理品もNGです。

にんにく

ねぎ類と同じユリ科の食べ物。下痢や嘔吐の原因に!

にら

玉ねぎ・長ねぎ同様、こちらも赤血球を破壊し最悪の場合死に至るおそれがあります。貧血、下痢、嘔吐の原因となることも。

アボカド

中毒性のある成分が含まれており、嘔吐や下痢を引き起こすおそれが。

ごぼう

食物繊維が多く含まれているうえ、アクも強いため、犬には不向きです。

レモン・グレープフルーツ(外皮をむかずに与える柑橘類)

外皮に中毒成分が含まれており、下痢や嘔吐を引き起こすおそれがあります。

ぶどう類

腎不全や下痢などの中毒報告があります。干しぶどうも与えてはいけません。

いちじく

中毒成分により、口内の炎症や嘔吐を引き起こすおそれが。

ドライフルーツ

糖分と食物繊維が多く、軟便や下痢の原因に。犬には向きません。

犬に与えてはいけない【肉・魚介・海藻編】

犬とフード


唐揚げ(フライドチキン)・ハンバーグ

これらは調理する過程で、油分、塩分、調味料などを多く使用しています。さらに、ハンバーグには玉ねぎが使われていたり、唐揚げ(フライドチキン)は骨が刺さったりといった危険もあります。

ハム・ソーセージ・ベーコン

塩分、調味料、脂肪が多く含まれている肉の加工食品は、犬にはNG。少量でも与えないようにしましょう。

いか・たこ・えび・かに

犬にとって、これらはすべて消化の悪い食べ物です。また、食べ慣れない食材は下痢や嘔吐を引き起こすこともあるのでNG。さらに、えびの殻には誤食の心配も。

貝類

あわび、とこぶし、さざえには中毒成分が含まれていることがあり、光線過敏症になるおそれが。また、貝類は全般的に消化が悪く、下痢や嘔吐の原因になるので絶対に与えないでください。

わかめ

犬にとっては食物繊維が多すぎて、消化しきれないことも。

乾燥小魚

しらす、ちりめんじゃこ、煮干しなどは消化に悪く、塩分が非常に多いため与えるのはNG。

人にはいいけど、犬にはダメ!【意外と怖い理由のある食材編】

犬が食べてはいけない食材と犬


こんにゃく

食物繊維が多く、腸の健康維持に効果的な食材で、犬にも成分的には問題ありませんが、消化ができないためNG食材です。

生卵白

加熱しない生卵白は、中毒報告があるので与えてはいけません。ただし、生卵黄であれば小さじ1までOK。

中毒性はありませんが、飲み込んで食べる習性の犬は喉に餅をつまらせる危険性が高く、食べさせるのはNGです。

犬に与えてはいけない【飲料編】

野菜を見つめる犬


野菜やフルーツの100%ジュース

塩分、糖分が多かったり、玉ねぎなどのNG食材が含まれていたりする場合もあるので、与えるのはNGです。

コーヒー・ココア

中毒成分が入っているのでNG。

アルコール

急性アルコール中毒で死に至る危険性も。絶対に与えないで。

紅茶・ほうじ茶・緑茶

紅茶・ほうじ茶・緑茶に含まれるタンニンやカフェインは犬にとって有害なので、与えてはいけません。

【番外編】オイルも種類によっては要注意!

困った犬

現在さまざまなオイルが販売されていますが、犬に与えるときには注意が必要。基本的になにか理由がない限りは、与えないようにしましょう。

アボカドオイル

犬に与えると下痢や嘔吐を引き起こすおそれが。これはアボカドに含まれるペルシンという成分の毒素が関係しています。アボカドの果肉から作られるアボカドオイルも犬への安全性が実証されていないため、避けたほうがよいでしょう。

グレープシードオイル

ぶどうの種子から作られるグレープシードオイルは、ぶどうと同じく腎不全や下痢などの症状を引き起こすことが考えられます。腎臓に持病のある犬の場合は、とくに危険性が高まるので与えないようにしましょう。

ココナッツオイル

人には脂肪燃焼効果が期待されているココナッツオイルですが、ココナッツオイルを与えられた猫が脂肪肝を発症したという報告があります。犬では実証がありませんが、与えないほうが無難です。

なんとなく「これは口にさせてはだめそう……」とは思うものの、具体的に危険な理由を把握している方は少ないのではないでしょうか? 犬が口にできない食べ物・飲み物には、中毒症状や消化ができないなど、深刻な理由が存在します。正しい知識で愛犬の健康を守っていきましょう!

参考/「いぬのきもち」『犬の食べ物図鑑 与えてOK?NG? 2017最新版』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 髙﨑一哉先生)
文/takemori.m
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る