1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 病気が疑われるケースも…? 犬の「お姉さん座り」の注意点とは

犬と暮らす

UP DATE

病気が疑われるケースも…? 犬の「お姉さん座り」の注意点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Getty

みなさんの愛犬は、足を横に崩す「お姉さん座り」をしますか? 一見、かわいい座り方のようにも見えますが、もしかしたら病気が疑われるケースもあるみたい…。

この記事では、犬の「お姉さん座り」の注意点について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します!

犬が「お姉さん座り」をするのはなぜ?

Getty

犬が足を横に崩す座り方は、犬が単にラクに座っていたり、座り方の癖であったりすることが多いです。

この座り方をしているからといって、「絶対になにか病気がある」と判断できるものではありません。

ただ、獣医師も整形外科の病気を診断するときに「Sit test」というお座りをさせる方法を使うことも。

犬をお座りさせてその座り方を見て、「どの足が疑わしいのか」「どんな病気があるのか」などを判断する「手段のひとつ」とすることがあります。


たとえば……

  • くずれたお座りの姿勢をとるなら「股関節形成不全」

  • 後ろ足が外に流れるような座り方をするなら「前十字靭帯の問題」



などの問題を疑うことの一助となることがあります。(座り方のみで「この病気である」と判断するものではありません)

Getty

病気の診断は、ほかにも整形外科的な検査や歩行検査、レントゲン検査などを使って総合的に診断するので、座り方だけで診断をすることは難しいといえます。

愛犬の「お姉さん座り」を見たとき、飼い主さんがとるべき対応とは

Getty

以下のような症状に当てはまる場合は、注意が必要なケースもあります。

  • いままでの座り方から、急にお姉さん座りをするようになった

  • 足を引きずる

  • 痛がる

  • 歩き方がおかしい


このような症状があれば、獣医師に相談したほうがよいでしょう。

また、小さいころから座り方がおかしく、普通に正しくお座りすることができない場合も、関節などを動物病院で一度チェックしておいたほうが安心です。

Getty

座り方を含め、愛犬の様子に異変がないか、飼い主さんは日頃からチェックしてあげてくださいね!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る