1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 寿命を伸ばす飼い方は? ご長寿犬の飼い主さん徹底取材!

犬と暮らす

UP DATE

寿命を伸ばす飼い方は? ご長寿犬の飼い主さん徹底取材!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛犬にいつまでも元気で長生きしてほしい」そう願わない飼い主さんはいないはず。今回は、ご長寿犬の飼い主さんが愛犬の健康長寿のために実践していることの中から、共通するものをご紹介します。ちょっとしたお世話の工夫が、ご長寿のヒケツのようですよ!

愛犬の体に合った食事を与える

ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ご長寿犬の飼い主さんたちは、健康長寿のために犬の食事を工夫していました。

たとえば、年齢を重ねることで食欲が落ちてきた愛犬のために、1回の食事量を少なくして回数を増やしているというご長寿犬の飼い主さん。ほかにも、飲み水を東洋医学で犬によいとされるトウモロコシのひげ茶と黒豆茶のブレンドティーにしているという方もいました。

やはり、食事は長生きのために欠かせない大切な要素のようですね!

愛犬との時間を大切にする

ヨーキー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ご長寿犬の飼い主さんたちは、意識的に愛犬とコミュニケーションを取っているようです。

ご長寿犬の飼い主さんがしているコミュニケーションの工夫のひとつに、「“ほめる”を積極的に取り入れる」というものがありました。高齢になって、できないことも増えた愛犬に対して「たくさん食べたね」「よく歩いたね」など、ささいなことでもほめて、やる気を引き出そうとしているそうですよ。

犬にとって、飼い主さんに褒められるのはいくつになってもうれしいこと。生活にメリハリができるので、“ほめる”習慣を取り入れるとよいかもしれませんね。

無理のない範囲で運動させる

ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

年齢とともに筋力は衰えてしまいますが、少しでも体力や筋力を維持するため、無理のない範囲で運動させることは大切なのだそうです。

ご長寿犬の飼い主さんの中には、動くたびに形が変わるクッションの上に愛犬を乗せて、バランスを取らせることで筋力アップに役立てているという方がいました。また、毎日30分の散歩に加え、週2回は近所の海まで行って砂浜を歩かせているという方も。

愛犬の様子を見ながら、無理なく運動やトレーニングを取り入れていきたいですね!

衰えがちな五感を刺激する工夫をする

シェルティー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

シニア犬になると五感が衰えてくるため、刺激を与えることもよいそうです。

実際に、ご長寿犬の飼い主さんの中には、週末はドライブをして、普段と違う散歩コースを歩かせるという方がいました。ほかにも、運動不足解消はもちろん、ストレス発散や好奇心を刺激させるために、自宅の庭を自由に散策させる時間を作って、日光浴やニオイかぎをさせているという方も。

シニア犬は五感の衰えから不安を感じやすくなるといわれているので、うまく対処してあげたいですね。

しっかりと冷え対策を行う

シュナウザー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ご長寿犬の飼い主さんたちは、冷え対策も万全です。

たとえば、散歩帰りには足拭きついでに、温タオルを使って肩や背中をマッサージしているという飼い主さん。これは愛犬の体を清潔にして温める効果だけではなく、愛犬とのコミュニケーションにも役立っているそうですよ。

このように、ご長寿犬の飼い主さんは、いろいろと工夫を凝らしているようです。しかし、一番の共通点は、愛犬に対する深い愛情ではないでしょうか。どれもこれも愛犬のためを思えばこそ。愛情を持って接してくれる飼い主さんには愛犬も強い信頼感を抱くでしょう。この絆が長生きのヒケツなのかもしれませんね!

参考/「いぬのきもち」2019年1月号『愛犬となが~く楽しく暮らしたいから。飼い主さんが実践している長寿犬ヒケツをのぞいてみよう!』(監修:キュティア老犬クリニック獣医師 佐々木彩子先生)
文/gyo
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る