1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 食べたらNG! 犬にとって危険な、話題のあの「イマドキ食品」は

犬と暮らす

UP DATE

食べたらNG! 犬にとって危険な、話題のあの「イマドキ食品」は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人には健康効果が期待できる食べ物でも、犬にとっては中毒性があるなど、有害なものもあります。愛犬の健康を守るために、さまざまなNG食材を知っておきましょう。今回は、主食・オイル・肉の加工食品など、イマドキ食材に注目して、犬に与えると危険な食べ物をご紹介します。

人の主食でNGなものってあるの?

青いつけ襟をしたトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

塩味や甘みなど味の濃いものは嗜好性が高く、与えるとますます欲しがるようになってしまい、肥満の原因となることも。また、食品の中には犬にとって中毒性があり危険なものもあるので、注意が必要です。

グラノーラ

糖分や食物繊維が多いため、軟便や下痢になることがあります。犬にとって害のあるドライフルーツが混ざっていることもあるので、与えないようにしましょう

お餅

成分的にはもち米なので中毒性はありません。しかし、犬は飲み込んで食べる習性があるので、のどに詰まらせてしまう危険があります。

調理パンや菓子パン

調理パンには具材に玉ねぎやソースなど、犬にとって有害な食材が入っていることがあります。
菓子パンにはチョコやココアなど、犬にとって中毒性があるテオブロミンという成分が含まれており、嘔吐やけいれん、発熱、心不全などを招くことがあるので絶対に与えないでください。

話題のオイル類にもNGなものがある!

お皿をくわえたウェルシュ・コーギー・ペンブローク
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人にとっては健康に効果的といわれるオイル類も、犬にとっては危険なものがあります。脂質が多くカロリーも高めなので、犬の肝臓へ負担をかけることも。

アボカドオイル

アボカドの皮と種に含まれる成分には毒性があるため、犬に与えると嘔吐や下痢を起こすことがあります。そのため、アボカドの果肉から抽出して作られたアボカドオイルも避けましょう。

グレープシードオイル

ぶどうを与えられた犬が腎不全を起こしたという中毒報告が多くあるため、ぶどうの木のタネから作られるグレープシードオイルも犬に与えない方が安心です。

ココナッツオイル

ココナッツオイルを与えられた猫が脂肪肝を起こした事例があります。犬では実証されていませんが、無理に与えない方がいいでしょう。

アマニオイル

与えるなら小さじ1杯程度まで大丈夫ですが、アマニオイルは熱に弱く、加熱すると有毒な成分が発生するため注意が必要です。

肉の加工食品でNGなものは?

黄色のお皿とミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ハムやソーセージ・ベーコンなどの肉の加工食品は塩分が多く、さまざまな調味料が使われています。脂肪も多く含まれていて、少しの量でも犬には高カロリーになるので与えないようにしましょう。
また、唐揚げやハンバーグも、調理する過程でいろいろな調味料を使ったり、中毒性のある玉ねぎが入っていたりするのでNGです。

食べ物は愛犬の健康と密接に関係しているもの。人にとっては健康効果が期待できるものであっても、犬には最悪死に至る食べ物もあるのです。そのため、飼い主さんは「おねだりされたから」とつい与えてしまうことがないようにしてくださいね。

参考/「いぬのきもち」特別編集『与えてOK?NG?犬の食べ物図鑑 2017最新版』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高﨑一哉先生)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る