1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師監修】犬に人のインフルエンザはうつるの?犬とインフルエンザについて

犬と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】犬に人のインフルエンザはうつるの?犬とインフルエンザについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年猛威をふるう、人間(ヒト)のインフルエンザですが、ペットと暮らす飼い主さんは、「インフルエンザは犬や猫に人からうつるの?」「愛犬がインフルエンザの運び屋になるの?」と心配してしまいますよね?

今回は、犬のインフルエンザの話と、インフルエンザがうつる可能性のある人間と動物(犬、猫、馬、鳥)との関係性について、いぬのきもち相談室の獣医師に取材を行いました。

犬インフルエンザうつるうつらない
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人間のインフルエンザは犬にうつるの?

犬インフルエンザうつるうつらない
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人間のインフルエンザは犬にうつるが、日本での発症例はない

いぬのきもち相談室の獣医師によると、インフルエンザウイルスはA型~D型に分類され、寒い時期に流行する人のA型インフルエンザウイルス"インフルエンザウイルスA(H3N2)"と、B型インフルエンザウイルスは季節性インフルエンザウイルスと呼ばれています。

この季節性インフルエンザに犬が感染したという例は、色々な国で報告があるものの、集団発生の例はないそうです。ただし、アメリカや中国など海外では、過去に世界中で大流行した人間の新型インフルエンザウイルスA(H1N1)の犬への感染例が報告されています。

日本においても、過去に季節性インフルエンザウイルス(A型、B型)及び新型インフルエンザウイルスに感染しただろうと思われる犬がいることが免疫学調査で確認されていますが、発症の例はありません。

インフルエンザの感染と発症は違う

犬にとって人間のインフルエンザウイルスは、感染力が低く症状も出にくいようで、感染していても発症しない、あるいは症状がわかりにくいことから、獣医師の見解では、家族の中でインフルエンザにかかった人がいた場合に、「犬や猫などのペットが、人のインフルエンザの運び屋になることは絶対にない!」とは言い切れないのでは、という回答がありました。

「犬のインフルエンザ」がある

犬インフルエンザうつるうつらない
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬にもインフルエンザがあり、アメリカや韓国、中国では集団発生した報告があります。

犬のインフルエンザの症状

"犬のインフルエンザ"に感染した犬は、呼吸器症状が多くみられますが、その他に鼻水、くしゃみ、食欲不振、元気消失といった症状が出る場合やほとんど症状を示さない場合もあります。

症状が軽い場合は2~3週間で回復しますが、重症になると高熱や呼吸が速くなるといった症状伴う肺炎などを起こし、死亡してしまうケースもあるそうです。

犬のインフルエンザの対処・治療方法

現在、犬のインフルエンザには特効薬がないので、もし発症したら、咳や鼻水、発熱、脱水などの症状に応じて対症療法と栄養管理を行うことが治療の中心となります。

例えば、犬の咳や鼻水がひどく、ウイルス感染だけではなく細菌感染が疑われる場合は、抗生物質を使ったり、脱水や食欲不振に対して補液で対処することになるでしょう。

人間がかかるインフルエンザ同様に、感染自体は防御できませんが、犬のインフルエンザを疑うような症状がみられたら、早めに動物病院で受診することで、重症化することを防ぐことができます。

犬のインフルエンザの予防方法

日本では、犬のインフルエンザのワクチンが用意されていません。インフルエンザに感染した犬の咳やくしゃみ、吠えたときに飛び交う飛沫(唾液や鼻水)によって、他の犬にも犬のインフルエンザがうつる可能性があります。

このため犬のインフルエンザウイルスに感染したと思われる犬がいたら、「犬の隔離」と「環境の消毒」を行い、感染が広がらないように対処して予防を行ってください。インフルエンザウイルスは、各種消毒薬や洗剤を正しく使えば容易に消毒できます。

「犬パラインフルエンザ」は「犬のインフルエンザ」とは別の感染症

犬パラインフルエンザワクチン接種うつるうつらない
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬がかかる感染症に「犬パラインフルエンザ」というものがあります。この病原体はParamyxoviridae科Paramyxovirus属の”犬パラインフルエンザウイルス”ですので、名前にインフルエンザと入っていますが、先に紹介した「犬のインフルエンザ」や「人間のインフルエンザ」とは全く別のもので、人間にはうつりません。

犬パラインフルエンザについては、予防接種で使用する混合ワクチンの成分に含まれているので、ワクチン接種で予防できますが、犬が感染すると、咳や鼻水が出たり、発熱、元気がない、食欲の低下など風邪やインフルエンザに似た症状が現れます。

猫や鳥、馬など他の動物のインフルエンザが犬にうつるって本当?

確かに、海外では、犬以外の動物がかかるインフルエンザが、犬にも感染して集団発症したという例が報告されています。

馬と鳥のインフルエンザの変異型ウイルスによる感染

海外で集団的に発症した報告がある犬のインフルエンザウイルスは、馬のインフルエンザウイルスであるインフルエンザウイルスA(H3N8)と鳥のインフルエンザウイルスであるインフルエンザウイルスA(H3N2)から変異した2種類です。

それぞれのウイルスが馬や鳥から犬へうつり、種を飛び越えて犬にうつっていく過程で、犬に感染しやすくなったと考えられています。また、中国では呼吸器症状がみられた犬から、さまざまな型の鳥インフルエンザウイルスが発見されています。

犬のインフルエンザは猫にうつる

海外では、犬のインフルエンザウイルスA(H3N2)は猫にも感染し、発症することが報告されています。猫のインフルエンザも鳥のインフルエンザウイルスA(H7N2)が、猫に感染して変異することで、猫に感染しやすくなったと報告されています。

猫のインフルエンザウイルスの研究では、猫からフェレットの間でも感染することが明らかになっています。このことは、新しいインフルエンザウイルスあるいは鳥インフルエンザウイルスが、猫を介して人や犬など他の哺乳類にうつる可能性があることを示していると考えられます。

人畜共通感染症(ズーノーシス)を防ぐために

人と犬にまつわるそれぞれのインフルエンザが「うつる(感染する)」か「うつらない」かについては、獣医師への取材の中で、症状として発症していなくても、インフルエンザに限らず、さまざまなウイルスが「人から犬」「犬から人」だけでなく、種を飛び越えて「猫や馬、鳥から犬」にも感染する可能性が少なからずあるということがわかりました。

人や犬に「うつる」「うつらない」の表現について

飼い主さんの立場では、人間のインフルエンザは犬に「うつるの?」「うつらないの?」という疑問を持つ方も多いかもしれませんが、ウイルスは感染しても必ず発症するものではありませんし、発症しても症状が軽い場合も重い場合もあります。これは人間も犬も同じことです。

医療や獣医療の進化で、今までは人間と動物間ではうつらないといわれていた感染例や新しい発見が、今後見つかるかもしれません。人間には発症しなくても、人間を介して、動物になんらかの感染が広がる可能性や、動物を介して人間に感染が起こる可能性もあります。

日頃から、お世話などで犬と触れ合う際には、犬用の食器を分ける、人間の口の周りをなめさせない、手を洗う習慣をつけるといった認識をしっかり持って、人間が人畜共通感染症(ズーノーシス)にかからないようにペットと暮らしていくことが大切です。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

獣医師が答えるQ&A:人間の風邪やインフルエンザは犬にうつりますか。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る