1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 家の中は犬にとって本当に安全? 犬と暮らす「危険なインテリア」

犬と暮らす

UP DATE

家の中は犬にとって本当に安全? 犬と暮らす「危険なインテリア」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飼い主さんにとって暮らしやすい家が、犬にとっても同じかというと……そうではないかもしれません。

内装などにもこだわりたいという人もいるかもしれませんが、じつは犬にとって危険なインテリアもあるのです。いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

室内犬にとって危険なインテリア

机のものが気になる柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

室内で暮らす犬にとってよくないインテリアには、以下のようなものが挙げられます。

①観葉植物

犬が下記のような観葉植物を口にするのは大変危険です。体に異変が起こることがあります。

  • ポトス(口の中の腫れや皮膚炎など)
  • ポインセチア(口の中の痛み、嘔吐、下痢、けいれんなど)
  • アロエ(体温低下、下痢など)

②アロマなどのエッセンシャルオイル

アロマなどのエッセンシャルオイルを犬が口にすると、嘔吐などの中毒例が多く報告されています。

③高さのあるソファやベッド

高さのあるソファやベッドなどは、犬が飛び乗ったり、飛び降りたりするときに足や腰への負担がかかる恐れがあります。

超小型犬で飛び降りたときに着地に失敗し、骨折した例もあります。

④滑る床

滑りやすいツルツルした床は、犬が歩く際に滑って足腰に負担がかかったり、転んでけがをしたりする恐れがあります。


見つめるチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

このほかにも、誤飲や誤食の恐れのあるもの(犬に与えてはいけない食べ物やたばこなど)が置いてあったりする場合も注意が必要です。

愛犬が室内で安全・快適に暮らすための工夫は…

見上げるトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

基本的には、「犬が口にしてしまったら困るものは置かない、出しっぱなしにしない」のが大切です。

どうしても置かなければいけない場合は、犬が入れない部屋に置いたり、届かない場所に置くなどの工夫が必要です。

また、高さのある家具に関してはスロープをつけるなど、上り下りの負担を少なくしてあげたり、滑る床には滑らないシートやマットを床に敷くのが効果的で、愛犬も快適に歩きやすくなるでしょう。

眠るフレンチ・ブルドッグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬が安全で快適に過ごせるよう、飼い主さんは今一度家の中を確認してみてくださいね!


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る