1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しつけ
  4. オイデ
  5. 「餌で釣ってるだけ」?いいえ、犬のしつけはごほうびがカギ

犬と暮らす

UP DATE

「餌で釣ってるだけ」?いいえ、犬のしつけはごほうびがカギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬と一緒に暮らすうえで大切なコマンドとなる、「オスワリ」と「オイデ」。これらを教えるには、どうすればいいのでしょうか?
今回は「オスワリ」と「オイデ」の教え方を解説します。まずその前に、しつけを教える前に知っておきたい、ごほうびの上手な活用方法から見ていきましょう!

しつけのコツは「ごほうび」を上手に活用すること!

かわいい柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「オスワリ」や「オイデ」などのしつけを練習するときは、愛犬をほめてごほうびのフードやおやつを与えると効果的です。それは、犬のやる気が上がって覚えが早くなるため

犬はごほうびがあった方が頑張るうえ、ごほうびをもらえたら「こうするといいことがある!」と学習します。覚えが早くなるとしつけがスムーズになるため、飼い主さんにとってもメリットがあるのです。

「食べ物で釣っているみたいでイヤ」という声もありますが……

「食べ物で釣っているみたいでイヤ」という意見もありますが、ごほうびを使わないでしつけるのはとても大変。「オスワリ」と言葉で言っても通じず、かといって力で無理強いするのは犬の負担になるのでもちろんNGです。
犬はごほうびをくれる飼い主さんを好きになり、信頼関係に発展するというメリットもありますよ。

まずは「オスワリ」を教えよう!

オスワリする犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ではさっそく、「オスワリ」の教え方から見ていきましょう。

  1. ごほうびを1粒握り、愛犬にニオイをかがせます。
  2. ごほうびを握った手を、愛犬の頭の上に持っていきます。すると愛犬はつられて上を見るので、自然にお尻が下がり、床につきます。
  3. お尻が床についた直後に「イイコ」とほめて、握っていたご褒美を与えます。同時にほおや肩をなでましょう。

オスワリができたらチャレンジ! 「オイデ」の教え方

走る犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「オスワリ」ができるようになったら、「オイデ」にチャレンジしてみましょう。

  1. ごほうびを1粒握り、愛犬にニオイをかがせます。
  2. オスワリさせてから「マッテ」と言い、愛犬から離れます。
  3. あまり時間を置かず、ごほうびを握った手を愛犬の目線の位置に下ろしながら、「オイデ」と呼びます。
  4. 飼い主さんの足元ギリギリの位置まで来たら、オスワリをさせます。お尻が床についたら「イイコ」とほめて、ごほうびを与えてなでましょう。
  5. ごほうびを持っていた手を自分のあごの下に持っていき、愛犬とアイコンタクトができたら「OK」と言って終了です。

ごほうびを与えるときは、1日の摂取カロリーを守ることで太る心配もなくなるはず。みなさんもごほうびを上手に活用し、しつけに役立ててくださいね!

参考/「いぬのきもち」2018年6月号『愛犬がもっともっとイイコになる♪ ごほうびの与え方ガイド』(監修:日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター ジャパンケネルクラブおよび日本警察犬協会公認訓練士 戸田美由紀先生)
文/松本マユ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る