1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. お手入れ
  4. シャンプー・お風呂
  5. 乾燥する冬に取り入れたい!犬のうるおいシャンプー&ドライテク

犬と暮らす

UP DATE

乾燥する冬に取り入れたい!犬のうるおいシャンプー&ドライテク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空気が乾燥する冬は、愛犬の毛がパサついたり、皮膚がカサついたりするなど、何かとトラブルを抱えがち――。そこで今回は、愛犬の毛や皮膚を乾燥から守る、うるおいシャンプー&ドライのやり方を画像つきでご紹介します。

シャンプーの手順

STEP1:全身を濡らして、下洗いをする

下洗い

まずは、下洗いからスタート。
1回分のシャンプー液に、1ℓくらいのお湯をシャワーで勢いよく注ぎ、薄めたシャンプー液を作ります。

夏よりも少し高めの温度ですすいで

下洗い

シャワーヘッドを犬の体に近づけて全身を濡らしたら、薄めたシャンプー液を体にのせ、やさしくなでるようになじませて、さっとすすぎます。

犬が寒くならないように、お湯の設定温度は夏よりも1~2℃高めにするのがおすすめ。ただし熱すぎるとうるおいが逃げてしまうので、36~38℃の範囲内で設定しましょう。

STEP2:本洗い

もっちり泡

保湿タイプのシャンプーを使い、本洗いをします。
1回分のシャンプー液をボウルに出し、濡らした泡立てネットの水分だけを使って、もっちりとした泡を作りましょう。

もっちり泡で汚れをオフ

持っちり泡で洗う

背中から泡をのせて、指の腹で地肌をなでるようにして洗いましょう。部位ごとに少しずつ洗い進めて、泡をまんべんなく広げていくのがポイントです。
汚れは泡となじませると落ちるので、ゴシゴシこするのはNG。地肌を傷つけるおそれがあります。

STEP4:すすぎ

すすぎ

本洗いが終わったら、すすぎです。
シャワーヘッドを犬の体に近づけて、犬にかけたお湯を手にため、その中で毛を泳がせるようなイメージですすぎます。シャンプー液の成分が地肌に残っていると皮膚トラブルの原因になるので、部位ごとに丁寧に行うのが◎

嫌がらないように顔周りは水圧を弱め、後頭部側からシャワーヘッドを近づけて、少ない水量でやさしく泡を洗い流しましょう。

こんなすすぎ方はNG!

すすぎNG例

高い位置でシャワーヘッドを大きく動かしてすすぐと、きちんと流せているか確認できません。また、水圧の刺激を強く感じ、怖がる犬もいるのでやめましょう。

STEP4:リンス

リンス液

しっとりと滑らかな仕上がりになるよう、1回分のリンス液を1ℓくらいのお湯で薄めて、全身にかけてなじませます。

毛が長い部分は重ねづけすると◎

重ねづけして

しっぽや胸元など、毛が長い部分にはリンス液を重ねづけすると、よりしっとりと仕上がり、静電気も起きにくくなります。なお、薄めたリンス液をかけた部位はすすがなくてOKですが、重ねづけした部位は軽くすすいでください。

ドライの手順

STEP1:絞ってタオルドライ

しっかり水切り

リンスが終わったら、次はドライです。
犬の頭からお尻へ、毛並みに沿って手を滑らせ、しっかりと水気を切ってください。よく水気を切らないと湯冷めして、体調を崩してしまうおそれがあります。

吸水性の高いスポンジタオルがおすすめ

タオルドライ

しっかりと水気を切ったら、スポンジタオルをやさしく押し当てて水分を吸い取り、タオルドライします。
普通のタオルでゴシゴシ拭いたり、ドライヤーの時間が長くなったりすると乾燥の原因になるので要注意。タオルを絞っても水分が出てこなくなるくらいまで、しっかりと行いましょう。

STEP2:しっかり保湿する

保湿中

乾燥する冬は、犬用クリームなどの保湿効果の高いアイテムを、ドライヤーをかける前にプラスするのがおすすめ。指の腹を使って地肌になじませ、保湿成分を行き渡らせましょう。肉球やお腹など、乾燥しやすい部位にはとくに念入りに。

※地肌の油分がしっかり出ている犬や乾燥していない犬には、この工程は必要ありません。

STEP3:ドライヤーで乾かす

ドライ

最後はドライヤーで乾かして完了です。
背中側からドライヤーを近づけ、冷えやすいお腹から乾かしましょう。その際、温風と冷風を切り替えながら乾かすのがポイント。

しっかり乾いているか確認するのが大切!

乾いている証拠

上の画像のように、根元から1本1本分かれ、風になびいていれば乾いている証拠。乾いているのを確認できたら次の部位を乾かしましょう。
なお、乾かしすぎは乾燥の原因になるので、注意してください。

愛犬の乾燥が気になる飼い主さんは、おうちでの愛犬のケアにぜひ取り入れてみてくださいね!

参考/「いぬのきもち」2016年1月号『冷え・乾燥・静電気から愛犬を守る 真冬のうるおいケア』(監修:一級建築士 トリマー トリミングサロン「HONDEHOK」運営 二村陽子先生)
文/ハセベサチコ

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る