1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 多頭飼い
  5. 人と犬の幸せのため 多頭飼いを慎重に考えるべきこと

犬と暮らす

UP DATE

人と犬の幸せのため 多頭飼いを慎重に考えるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多頭飼いをはじめる前に、人と犬が幸せになれるかを慎重に考えた上で新たな犬を迎えましょう。前もってしっかり考えておくべきことを獣医師が解説します。

犬に費やすお金と時間のゆとりがあるか

一緒にいると犬種は違っても雰囲気が似てくる?
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

口のきけない犬の健康状態を日々観察することは簡単ではありません。健康を管理するのは1頭でも大変ですが、2頭目を迎えるとさらに観察力が必要です。 歯磨きやブラッシング、シャンプーなどのお手入れも頭数が増えるだけ大変になります。

体調の悪い犬を動物病院に連れて行く際は、2頭同時の診察になったり、それぞれ別の日に通院することもあります。食費などの生活費や医療費も多くかかるので、時間と金銭面の余裕が必要です。

飼い主が毅然とした対応が取れるか

距離感がちょっと近すぎない?
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

基本的に、犬同士の関係は、犬同士が自然に決めることなので、飼い主さんは無理に介入しないで見守ってください。

犬同士が決める、ということを尊重しないで暮らしているとどちらの犬にとってもストレスとなり、心身に影響が出るケースもあります。

最初はどうしても、新入り犬のお世話におわれ、構いがちになるので、先住犬を優先することを心がけてあげるとよいでしょう。

先住犬のためではなく飼い主の責任で迎えることができるか

犬種は違ってもシンクロしちゃう犬達
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんが「仲良し」を理想として「先住犬が寂しそう」「兄弟姉妹を作ってあげたい」という理由で2頭目を迎えると問題を抱えることもあるのでおすすめできません。

「先住犬のために」ではなく、ご自身とご縁のあるコを、先住犬との相性も考えながらご自身の責任で迎えてください。

家族になるには数ヶ月、年単位がかかることもあります。多頭飼いは、人間が焦らず犬達を見守る余裕を持つことも大切です。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

多頭飼いのお世話の疑問 獣医師に聞いてみた

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る