1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 散歩中に草むらで遭遇することも…犬がヘビに噛まれたときの症状と対処法

犬と暮らす

UP DATE

散歩中に草むらで遭遇することも…犬がヘビに噛まれたときの症状と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬と散歩すると、外でいろんな動物に出くわすことがありますよね。害がないものであればいいですが、なかには襲われたら命に危険が及ぶものもあります。

この記事では、「犬のお散歩中に出くわすことのあるヘビ」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生にお話を聞いてみることに。

ヘビに噛まれたらどのような症状が出るのか、どんな対処をすべきなのか…くわしく解説してもらいました。

犬がヘビに噛まれたときの症状

寝そべる犬
getty

ーー犬がヘビなどの動物に噛まれてしまったとき、どのような症状が出ますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「ヘビは草むらなどに潜んでいることが多いため、散歩中に草むらに鼻先を突っ込んで顔を噛まれるケースや、気づかず踏んでしまい脚を噛まれるケースが目立ちます。

たとえば…

  • 突然キャンと鳴いた後に片足を挙げている
  • 顔が腫れ上がっている

などの状況であれば、ヘビに噛まれた可能性があります。一般的な症状として、噛まれた部位の強い痛み・腫れが見られます。かなり広範囲が腫れ上がることもありますね」

ーー草むらに入るのが好きな犬も多いですよね。じつはそんな危険が潜んでいたとは…。ヘビに噛まれた場合、なにが危険なのでしょうか?

獣医師:
「日本で見られる毒ヘビには、『ハブ』『ニホンマムシ(マムシ)』『ヤマカガシ』が挙げられます。いずれも『出血毒(血液毒)』を持っています。

噛まれたときにこの毒が体内に入り、血液が壊され、皮下出血や貧血を起こすことがあります。噛まれたときに入る毒の量・噛まれた部位・犬の身体のサイズにより症状の出方が異なるようです。

犬や猫は人よりもヘビ毒に強いと考えられていますが、重症例やまれに死亡例もあるため注意が必要です」

ーー命を落としてしまう危険性もあるのですね…毒ヘビが出没する地域で外飼いをしている場合や、散歩で草むらや山などに行ったとき、飼い主さんは充分に注意してあげなければいけませんね。

犬がヘビに噛まれてしまったときの対処法

治療を受ける犬
getty

ーーもし犬がヘビなどの動物に噛まれてしまった場合、飼い主さんはどんな対処法をするべきでしょうか?

獣医師:
なるべく安静にさせながら、すぐに動物病院に連れて行きましょう。安静にする理由は、活動して心拍数をあげてしまうと、毒のまわりが早くなってしまうからです。

噛まれたところに強い痛みも感じているので、歩かせずに車やカートなどで病院に運んであげてください」

ヘビ以外にもいる! 犬にとって危険な動物とは

芝生を走る犬
getty

ーーヘビのほかに、犬にとって危険な動物にはどのようなものが挙げられますか?

獣医師:
「散歩中などに二ホンヒキガエルやイモリなどに出くわすこともあると思いますが、注意が必要です。

二ホンヒキガエルは強力な毒をもつカエルです。耳の後ろから出す毒に触れると皮膚炎を起こし、食べてしまうと激しい嘔吐や下痢、痙攣などを引き起こすことがあり非常に危険です。

イモリにも毒をもつものがありますので、絶対に口にしないよう気をつけましょう」

ーーたまに「愛犬がカエルを食べてしまった、咥えてしまった」などのSNS投稿を見かけますが…じつはすごく危険なことなんですね。

犬が危険な動物に襲われないようにするために

見上げる犬
getty

ーー危険な動物に愛犬が襲われないよう、飼い主さんが心がけたいことを教えてください。

獣医師:
「へビは、木の根元や岩のすき間などの潜んでいることがあります。また、草むらや田んぼの近くなどはヘビが比較的好む場所です。

こういったところでの犬の散歩は控えたり、なるべく草が刈られていて足元の状況が確認しやすいところを散歩させるなどしましょう」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る