1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ダニ・ノミ・寄生虫
  5. <PR>コロナ禍の今こそ意識!獣医師に教わる【愛犬を守るための知識】とは?

犬と暮らす

UP DATE

<PR>コロナ禍の今こそ意識!獣医師に教わる【愛犬を守るための知識】とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍の今、自宅で愛犬と過ごす時間が増えています。なかにはおうち時間を利用して、愛犬のために環境を見直しているという人も。

特にコロナ禍の今、感染症に対する意識が高まっていますが、犬にとって危険なのは「寄生虫による感染症」です。これから梅雨が明け、暖かい時期を迎えれば、ますます注意が必要に。

そこで、愛犬を守るために飼い主さんが知っておきたい4つの知識を獣医さんに教わってきました。今まで知らなかった寄生虫の種類やその対策方法について、この機会にしっかり確認しておきましょう。

その1:犬が気をつけるべき寄生虫には、どんな種類がありますか?

▼獣医師Answer

外部寄生虫として代表的なのはフィラリア・ノミ・マダニです。室内で飼っているとつい油断してしまいがちですが、お散歩の時に寄生されたり、飼い主さんが服に付着させて持ち帰ったりしてしまう場合も十分あり得ます。すべての愛犬がこれらの寄生虫を媒介した感染症にかかるリスクがあります。

●フィラリア……蚊を媒介とする寄生虫で、犬の心臓や肺動脈に寄生することでフィラリア症を発症させます。フィラリアは成虫になると30cmにもなる糸状の寄生虫です。

●ノミ……犬や猫の被毛の中に潜み、血を吸って生きている寄生虫です。

●マダニ…日本には10種類以上が生息しており、あらゆる気候・場所に適応して繁殖しています。

その他に、犬や猫に寄生する消化管内寄生虫としては、犬回虫、犬鞭虫(べんちゅう)、犬鉤虫(こうちゅう)、コクシジウム、ジアルジア、トリコモナスなどが挙げられます。

その2:犬が寄生虫に感染すると、どのような症状が出ますか?

▼獣医師Answer

寄生虫による感染症にかかった犬に見られる症状の一般的な例をご紹介します。

●フィラリア……フィラリア症にかかると心臓や肺の機能が低下し、最悪の場合死に至ることがあります。

●ノミ……犬や猫がノミに感染すると激しいかゆみが引き起こされます。
さらに瓜実条虫症(うりざねじょうちゅうしょう)という、瓜実条虫の幼虫が寄生しているノミを犬が経口摂取することで引き起こされる感染症もあります。

●マダニ……マダニに吸血されると貧血や皮膚炎を引き起こし、さらには犬バベシア症という命にも関わる病気に感染する可能性があります。
これにかかると貧血、発熱、食欲不振などの症状が現れ、急性の場合は黄疸や衰弱などによって死に至ることもあります。


●犬回虫……白いミミズのような形状をした寄生虫です。
回虫が消化器に寄生すると腸内の栄養を奪うため、嘔吐や下痢、腹痛を引き起こすこともあります。

●犬鞭虫(べんちゅう)……感染した犬の排泄物と一緒に排出された虫卵を口から摂取することで感染します。
虫卵で汚染された土壌から継続的に感染することが多く、多数寄生すると貧血を起こしたり、発育や毛ヅヤが悪くなったりします。また、下痢や血便が出て、食欲がなくなることもあります。

●犬鉤虫(こうちゅう)……土の中でふ化した幼虫を犬が口にする経口感染か、もしくは皮膚から侵入する経皮感染、または母犬の胎盤や母乳、傷口などからも感染するおそれがあります。
小腸に寄生した鉤虫は、かぎ型のするどい鉤で腸の粘膜を傷つけ血を吸うため、慢性的な貧血症状をおこします。また、黒い色の血便が出たり、腹痛を起こしたりすることもあります。

●コクシジウム、ジアルジア、トリコモナス……犬の小腸に寄生、増殖し便とともに排泄されます。これをほかの犬が口にするなどして感染します。
成犬は無症状なことが多いですが、子犬の場合は水様性や粘液性の下痢などの症状が出ることも。
悪化すると体重減少を起こし、発育不良の原因にもなります。

ノミによる「ノミ刺咬症」「瓜実条虫症」や、マダニに咬まれることで起こる 「 SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」「日本紅斑熱」「ライム病」など、 ノミやマダニが人にもたらす危険な病気(人獣共通感染症)もあります。

その3:寄生虫の感染症にかからないために、どう対策すればよいでしょうか?

▼獣医師Answer

愛犬を守るために、次の対策をしっかりと意識しましょう。

1、動物病院で、寄生虫対策駆除剤と予防推奨期間を確認すること。
2、推奨期間をきちんと守って、寄生虫対策駆除剤を投与すること。
3、体調がいつもと違うと感じたら、すぐに医療機関を受診すること。

フィラリアやノミ・マダニは、駆除剤をきちんと投薬していれば対策のできる寄生虫です。『愛犬に感染させないこと・広めないこと』これは犬を飼う上でのマナーです。ぜひ地域ぐるみで対処し、その意識を社会全体で高めていきましょう。

その4:コロナ禍の今、愛犬のために意識すべきことはありますか?

▼獣医師Answer

新型コロナウイルスの影響で、来院前の混雑状況の確認や、受診予約をするなど、感染対策意識の高い飼い主さんが増えています。「愛犬の寄生虫対策」についても、ぜひ同じように高い意識を持ちましょう。寄生虫駆除剤の受けとりや健康診断を受けることは、不要の外出にはあたりません。愛犬を守るために対策を徹底し、ぜひ健康維持に努めてください。

まとめ

「コロナ禍の今は、あまり外出できないし対策しなくていい」と考える飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、ノミ・マダニ・フィラリアなどの寄生虫は待ったなしで愛犬を襲います。特にこれからの季節は虫が活発化するのでしっかり対策しましょう。

通院のための外出が不安なかたもいるかもしれませんが、寄生虫駆除剤は1年分や数カ月分をまとめて処方してもらえることが多いので、通院回数は少なくて済みます。さらに、フィラリア症予防、ノミ・マダニ駆除、複数のお腹の虫駆除がまとめてできる「オールインワン」の駆除剤もあります。おやつのような美味しい薬もあり、愛犬にとってストレスがありません。ぜひ一度かかりつけの獣医師に相談してみてください。

【さらに詳しく!】寄生虫対策の記事を読む

お問い合わせ/ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る