1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 目の病気
  5. 「犬のがん」部位別の症状を知っておこう 口臭、足先をなめる、目ヤニも?

犬と暮らす

UP DATE

「犬のがん」部位別の症状を知っておこう 口臭、足先をなめる、目ヤニも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「メラノーマ」という病気を知っていますか? 悪性黒色腫とも呼ばれる悪性腫瘍(がん)で、人にもある病気です。
犬では、おもに口や皮膚、目などに発生します。メラノーマの症状はさまざまで、なかには「これも症状だったのか!」と驚くものも。
今回は早期発見に役立つメラノーマの症状をくわしく解説します!

※本記事内では犬のがんの症例写真を掲載しています。閲覧にはご注意ください。

口臭がメラノーマのサインになることも⁉
口臭がメラノーマのサインになることも⁉

数カ月で死に至ることも⁉ メラノーマってどんな病気?

メラノーマとはがんの種類のひとつ。(※)原因は不明とされていますが、かかりやすい犬種がいるため、遺伝的な要因が考えられます。進行が早いのが特徴で、治療せずに放置してしまうと、数カ月で死に至ることもあるほどです。しかし、獣医療の進歩により、早期に発見できれば完治することも。
※良性のメラノーマもあり、その場合は手術で切除すれば完治します。

部位別 メラノーマの症状を解説

犬のメラノーマはおもに口、皮膚、目の3つの部位に発生します。
最初はしこりができるのですが、悪性の場合はそれが急激に大きくなり、表面が崩れてきます。ある程度大きくなると、その表面から血がにじみ、なかなか止まらないことも。また、しこりは黒色と思われがちですが、必ずしもそうではありません。
そのほかにも部位ごとにさまざまな症状が出ますので、愛犬は大丈夫かどうかチェックしてみて。

部位1)口

口の中にメラノーマができた犬。トリミングサロンでの歯みがきケアの際に、しこりを発見し発覚しました

口の中や口唇にできたしこりはメラノーマであることが多く、リンパ節や肺への転移もよく見られています。口の中の場合は発見が遅れがちですが、口臭きつくなる、ヨダレが多くなり血が混じる、などの症状が出ることがあります。

部位2)皮膚

爪の根元の皮膚にメラノーマができた犬。急激に大きくなって出血しました

皮膚にほくろのようなものができるのがサインになりますが、良性のことも多いです。気をつけたいのは爪の根元にできたメラノーマ。悪性度が高く、がんが骨まで広がっていることも! 足先がじゅくじゅくしたり、愛犬が足先をしきりになめるなどの症状が出ることがあります。

部位3)目

白目に黒いしこりができた犬。トリミング時に発見しました

目のメラノーマでは、目の中や白目に黒い色素沈着やしこりが見られます。目ヤニが多い、充血しているなど、一見がんとは関係のない症状が発見のきっかけになることも!

いかがでしたか。悪性のメラノーマは進行がとても早いです。正確な診断には動物病院での検査が必要になりますから、しこりを見つけたり、気になる症状があれば早めにかかりつけ医の相談しましょう。


参考/2020年8月号「犬の現代病ファイル vol.15メラノーマ」(監修:レオ動物病院院長 堀川歴央先生)
写真提供/レオ動物病院
イラスト/フジマツミキ
文/melanie

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る