1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 脳、脊髄、神経
  4. ナルコレプシー[なるこれぷしー]

脳、脊髄、神経

UP DATE

ナルコレプシー[なるこれぷしー]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナルコレプシーの症状と治療、予防方法

解説

日中、発作的に強い眠気に襲われる睡眠障害や、楽しい興奮や喜びなどの感情に伴って、脱力から足が麻痺するなどの症状が出る病気です。先天性と後天性の両方があり、先天性のものは6カ月齢までに発症するといわれています。後天性のものは脳炎や外傷、腫瘍などによって脳幹の睡眠中枢に障害が生じた場合に起こり、高齢になってからの発生率が高いです。

原因

突然強い眠気に襲われるという睡眠発作を特徴とする。脳内の伝達物質の異常が原因で起こると考えられている。

症状

食事や遊びなどの刺激により興奮することが引き金となり、全身や四肢などの筋肉が突然脱力してしまうような症状をしめす。

ナルコレプシーの治療

症状に応じた薬を投与して治療します。

ナルコレプシーの予防

予防は難しいですが、犬を迎えたら早めに脳に異常がないかを検査をして、病気の早期発見を。

CATEGORY   脳、脊髄、神経

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「脳、脊髄、神経」の新着記事