1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 眼瞼炎[がんけんえん]

UP DATE

眼瞼炎[がんけんえん]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眼瞼炎の症状と治療、予防方法

解説

眼瞼(まぶた)とその周辺が腫れる病気です。痛みを伴うため、犬は前足で目の周辺をしきりにこするようになります。悪化すると目のまわりに湿疹が生じたり、化膿することも。放置すると慢性化し、二次感染などを起こして、症状が悪化しやすいです。

原因

アレルギー、細菌・寄生虫感染、外傷などにより起こります。また、眼球の異常などの違和感から過剰にこすることにより二次的に生じることもあります。

症状

眼のふちの眼瞼部が腫れたり赤くなります。また、目ヤニが増えることもあります。

眼瞼炎の治療

アレルギー性の皮膚炎や寄生虫による皮膚病、感染症などが原因で眼瞼炎を引き起こすことがあります。目の周辺を清潔にして塗り薬や点眼薬を使うほか、原因であるほかの病気も治療します。犬が目をこすらないよう、エリザベスカラーを装着させることも。

眼瞼炎の予防

日ごろのお手入れで目のまわりを清潔にし、症状に気づいたらすぐに診察を。

CATEGORY   目

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「目」の新着記事

新着記事をもっと見る